ここから本文です

買う気がなくても試乗していいの!? 巨大ショールームで試してみた

3/5(木) 18:08配信

MOTA

「クルマを買う予定はないけど、クルマに乗ってみたい」
そこで今回は、「買う気はまだないけど憧れを叶えたい!」という図々しいコンセプトを、BMWさんにぶつけてきたのでご紹介します。

>>女子なら一度は憧れる! MINIのショールームを画像でチェック!

買う予定がなくても気軽にクルマを見たい人はどうしたら?

買う気がない人にとって、新車って未知の領域。そして各社ショールームって、謎の場所だなと。

しかし、数回前の取材において、私は確かにこう耳にしました。「買う気がなくても乗りに来てください」と。

最近は各社コンセプトショールームを持ち、そこでは買う気がなくても試乗しに来ていい。そんな画期的な時代になっているのか!
知らなかった事実に衝撃が走ると同時に、それは各社共通したことなのかも気になります。

いざ!憧れのMINIを体験へ

今回おじゃましたのは、お台場にある「BMW GROUP Tokyo Bay」ならびに「MINI TOKYO BAY」。
車の販売だけではなく、BMWやMINI自体を楽しむためのブランド体験型販売新拠点として、2016年にオープンしました。

試乗台数約60台、展示車両も27台と国内最大の施設で憧れのクルマ「MINI」を試乗させていただきながら、施設を体験レポートしていきます。

冬晴れの空の下、ズラリと出迎えてくれる社員の皆さん。ドギマギしながら試乗の手続きを済ませると、あっという間にお目当てのクルマまで案内していただけました。

こちらの施設では試乗に際し、「お台場エリア試乗」「高速試乗」「ワン・アワート・リップ」の3コース(どれも想定60分)から選べるようになっています。
高速道路の運転が正直心配なのでそれを選ぼうかな…と思ったものの、気分的にゆったりお台場エリアをぐるっと走るコースを選択。いざ、エンジンをかけていきます。

「基本的な操作は国産車と代わりませんが、ウインカーが左についている事だけ気をつけてください」
そう説明を受けたのですが、思わず「ポルシェ試乗してるんで、知ってますよ(ニヤリ)」と心の中でドヤ顔しつつ、ゆっくり発進。

1/2ページ

最終更新:3/5(木) 18:08
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事