ここから本文です

【映像】加州がクルーズ船の入港拒否 ウイルスで乗客死亡を受けて

3/6(金) 12:03配信

AP通信

カリフォルニア州沖、4月6日(AP)― 今年2月のクルーズに参加した乗客が1人新型コロナウイルスで死亡した他に、2人の感染が確認されたことを受けて、サンフランシスコ保健当局は3月5日、クルーズ船「グランド・プリンセス号」の乗員乗客3483人全員のウイルス検査の結果が判明するまで、入港を許可しないという決定を下した。
 カリフォルニア沖を航行するクルーズ船には5日、沿岸警備隊のヘリコプターから検査キットが降ろされた。検査結果は6日にも判明するという。
 2月に同船のクルーズに参加したサクラメント在住の男性(71)が、新型コロナウイルスに感染して死亡。また、感染が確認された2人の乗客は同州北部の病院に収容された。これを受けてカリフォルニア州当局が、入港拒否という強硬措置を取ったもの。
 クルーズ船の運航会社は、今回のクルーズに参加している乗員乗客から感染者は出ていないと主張しているが、サンフランシスコ市非常事態管理局は、10人以上の乗客に過去2週間にインフルエンザに似た症状がみられたと指摘。
 ハワイでの2週間のクルーズを終えた「グランド・プリンセス号」は7日、サンフランシスコに寄港の予定だった。同船には、2月のメキシコへのクルーズから引き続き滞在している多数の乗客がいるという。

(日本語翻訳・編集 アフロ)

最終更新:3/6(金) 12:03
AP通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事