ここから本文です

元祖ホットハッチ! ゴルフGTI史上最強の限定車「GTI TCR」に試乗

3/7(土) 11:33配信

MOTA

初代フォルクスワーゲン ゴルフ登場の1年後、1975年に追加設定されたのが「ゴルフGTI」である。

>>ゴルフGTI TCRの詳しい内容をもっと見る![フォトギャラリー全56枚]

GTIとは「グランド・ツーリング・インジェクション」の略で、初代には1600ccのSOHCエンジンに電子制御インジェクションの組み合わせにより高い動力性能をプラス。当時、高級車の独壇場だったアウトバーンの追い越し車線を走る性能を備えた初めての小型車と言われた。

ズバリ、ホットハッチの元祖である。そんなフォルクスワーゲンゴルフGTI史上最強の限定車「GTI TCR」を今回試乗してきたので、その様子をレポートする。

長年愛され続けるゴルフGITの魅力とは?

40年以上に渡り、ゴルフGTIは一度も途切れることなく設定されてきた。
世代を重ねるにつれて性能は引き上げられ、街中からワインディング、高速道路と道を選ばずフィットする走りと懐の深さに「さすがのお手前!!」と頷くほどのマルチパフォーマンスっぷりだが、僕はあまりに洗練されすぎてドライバーが熱く(=ホット)なりにくい事が気になっていた。

そんなモヤモヤを一気に吹き飛ばしてくれるのが、特別なゴルフGTI「TCR」だ。
TCRの名でピンと来る人もいると思うが、WTCR(ワールド・ツーリング・カップ)を戦うレーシングカーのノウハウをフィードバックしたストリート仕様である。

出力大幅アップで史上最強のゴルフGTIに

リリースには「日本仕様史上最強のGTI」と記されるが、その理由は本国に310psを発揮する2Lターボエンジンと軽量化、空力のアップデートが施された「GTIクラブスポーツS(2016年)」と言うスーパーモデルが存在するためだ。
ただコイツはナンバー付ながらも当時のニュルFF最速記録を目指した特殊なモデルであり、純粋なロードカーと言う意味で言えばGTI TCRが「ゴルフGTI史上最強」と言っていいと思う。

■パワートレインも兄貴越え!
パワートレインはノーマル(GTI)と同じく2Lターボだが、兄貴分のゴルフR用をベースに専用チューニングやアクラボヴィッチ製チタンエキゾーストシステムの採用などにより、パフォーマンスはノーマル+60ps/+30Nmとなる290ps/380Nmを発揮。
トランスミッションはDSGのみの設定だが、ノーマルの6速から7速に変更されている。

大幅な出力アップに合わせてフットワークも強化されており、専用セットアップのサスペンション(5mmローダウン)、電子制御油圧式フロントディファレンシャロック、235/35R19サイズのピレリP-ZERO、大径ブレーキディスクなどを採用する。

■外装は男前だが、シャレてる内装で女子受けも◎
エクステリアはフロントリップスポイラー/サイドスカート/リアデュフューザーなどの専用パーツ(ブラックペイント)や専用デザインのアルミホイール(マットブラック)、更にサイドのTCRのデカールにより、明らかにノーマルとは異なるオーラがプラス。
ボディカラーは4色用意されるが、TCR専用色の「ピュアグレー」はGTI伝統の赤いラインの入りのフロントグリルがより際立つ。

インテリアはGTI伝統のチェック柄シートではなくブラック&レッドのコーディネイトで、専用ファブリック&マイクロフリースシート、専用ステアリング(12時のポイントに赤いセンターマーク付)、専用シフトノブなどを採用。
更にフロントドアを開けた際に地面にTCRロゴが映し出されるプロジェクション機能も用意。
これはユーザーのみ味わえる特権の一つだろう。更に購入者には車両の鍵に加えてシリアルナンバー刻印のプレート、Bluetooth発信機が同梱された「スペシャルキーボックス」もプレゼントされるそうだ。

1/2ページ

最終更新:3/7(土) 11:33
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事