ここから本文です

【阪神競馬】レシステンシアは今回も逃げ切れる?今週の馬場傾向予想

3/7(土) 6:00配信

SPAIA AI競馬

チューリップ賞は高速馬場でのレースに

今週末の阪神競馬場では3月7日(土)に桜花賞トライアルのチューリップ賞(GII・芝1600m)が行われる。阪神JFを制したレシステンシア、2着のマルターズディオサ、3着のクラヴァシュドールとGIで上位を占めた馬たちがこぞって出走する。そこで先週末のレース結果をもとに、今週末の馬場傾向を分析してみた。

まずは2月29日と3月1日に行われた芝コースのレース結果を振り返る。

芝コースでは10レースが行われた。土曜日は良馬場でスタートしたが、雨が降った影響で最終レースは稍重に。日曜日は稍重からスタートしたものの、天候は回復して重賞の阪急杯を含む後半2レースは良馬場で行われた。

その阪急杯は、パンパンの良馬場とは言えない中でも1:20.3というタイムがマークされており、芝の状態はかなり良いと言えるだろう。上がりタイムも、土曜8レースの4歳以上1勝クラスを勝ったサトノウィザードが32.5というなど、速い上がりが出る馬場となっている。

脚質では、逃げ馬が2勝、先行馬が4頭と活躍をみせた一方、先述のサトノウィザードは4角の通過順位が10頭中9番手、うずしおSを勝ったブランノワールは12頭中10番手、すみれSを勝利したレクセランスは5頭中5番手と後方からの追い込みが届いているのも特徴的だ。

では今週末はどうなるのだろうか。チューリップ賞が行われる土曜日は曇り予報で、レースが行われる時間帯はなんとか天気が持ちそう。したがって、高速馬場の良馬場でのレースとなるだろう。逃げ馬も残れる馬場なので、逃げるレシステンシア、差し馬のマルターズディオサとクラヴァシュドールともに力を発揮できる舞台設定となるだろう。

しかし、日曜日は終日雨予報となっている。雨量とともに時計、上がりがかかる馬場になることが考えられる。メインレースはリステッドレースの大阪城S(芝1800m)。馬場状態から浮上してきそうなのは、前走の東京新聞杯で4着だったサトノアーサー。上がり33秒台が必要とされる馬場では切れ負けする印象が強いだけに、雨で上がりがかかるのはプラスに働くだろう。

1/2ページ

最終更新:3/7(土) 8:57
SPAIA AI競馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事