ここから本文です

ゆず 瓜二つのMIZUに「す~ごい困ってる」

3/7(土) 20:12配信

TOKYO FM+

ゆずが、3月5日(木)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。3月4日(水)リリースのニューアルバム『YUZUTOWN』について、パーソナリティ・とーやま校長の質問に答えました。その後編。

――リスナーから届いたメッセージを紹介

【ゆず先生! アルバム聴きました!! 有名な曲しか聴いてこなかったのですが、このアルバムを聴いて、今まで気づけなかったゆず先生の魅力に出会いました! 今はほぼ家にいてつまらないなーとか思ってるんですが、元気になれて、春を耳から感じることができてよかったです! 「チャイナタウン」のノリがすき!(16歳女性)】

ゆず:ありがとう!

とーやま校長:2曲目に入っている「チャイナタウン」ですけど、雰囲気も……なんて言ったらいいですかね? 昔懐かしいっていうか。

北川悠仁:そうだね。ダサイけどダサイと言い切れない……クサイけどクサイとも言い切れない、古いとも言い切れない、みたいな。そういう絶妙なところをいきたかったので、それが16歳の感性に響いて嬉しいね。

岩沢厚治:そうだね。

とーやま校長:あと、インストもあるじゃないですか。「~Pinky Town~」「~Yellow Town~」「~Green Town~」ですけど、30秒もないんですね。

北川:そうですね。“インタールード”というんですけど、個性的な曲が多いので一つに繋いでいく関節みたいな感じで作っています。ジャケットが“ピクセルアート”っていって、ちょっと80年代っぽいテイストなんですよね。

とーやま校長:絵のタッチが?

北川:そうそう。80年代のゲームっぽい感じで。なので、“チップチューン”っていって、僕らにとっては馴染み深い、当時のゲーム音楽の音みたいなものを入れて。いまの時代にどう響くかな、というのをやっています。

とーやま校長:僕は……1曲目の「SEIMEI」を、生徒(リスナー)といっしょに聴きたいと思いました。このタイミングなのもありますけど(とーやま校長は3月末で退任)、なんか「SCHOOL OF LOCK!」の歌みたいだな、と思って……。

岩沢:そうだね~。

とーやま校長:でっかい学校でみんなの気持ちが次へ繋がって、僕から新しい校長、教頭へまた遺伝子を渡していって……とか、そんな意味に聴こえてしまいました。

北川:たしかに。自分はまた次の場所に向かって、それで次に渡して……というのは、まさにこの場所では今だね。

とーやま校長:13曲目の「まだまだ」も……まさに俺は“まだまだ”やらないといけなくて。

岩沢:そうだね。

とーやま校長:だから、ちゃんと注入していただいたな、と思いました。

ゆず:お~!

北川:刺さっていますね~。

とーやま校長:だからこの『YUZUTOWN』は、10代の生徒にも聴いてほしいなと思います。

北川:そうですね。聴いてほしいな。

1/2ページ

最終更新:3/7(土) 20:12
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事