ここから本文です

アナログ派でもセキュリティに気を使いたい人に!指紋認証ロック付きで自由に使えるノートブック

3/8(日) 20:00配信

&GP

最近はスケジュールやTo Do、メモのデジタル化が進んでいますが、「やっぱり手書きのほうが慣れているし」という人は少なくないでしょう。どんな時でも素早くメモを取れる手帳やノートは、ビジネスマンにとって今も昔も変わらず、欠かすことができない重要なアイテムです。だけど、セキュリティ面は安全ですか?

【手帳の内側・指紋解錠の様子を動画で確認】

万が一落としてしまったときは、大事な情報が漏洩してしまいます。そこで注目したいのが、クラウドファンディング・Makuakeに登場した「LOCKBOOK Mini/Pro」(6000円~ 3月8日現在)。指紋認証センサーを搭載したロック機能付きのノートブック。登録した指紋でしか開かないので、万が一のときでも安心です。

昨今、情報セキュリティの意識が高くなり、情報管理の重要性が増しています。しかし、対策の中心はコンピュータによるもので、携帯する手帳やノートは、離席時の盗み見や紛失・盗難時のリスクに対応が取られていないのが現状です。この問題の解決策になるのが、指紋認証センサーを搭載したロック機能付きのノートブック。初めて登場したのは2017年。当時から大きな反響を得ていましたが、この度、操作性がさらにアップ。加えて、小さめのバッグに入るサイズで携帯しやすくなって再び登場しました。

指紋の登録は、センサーをタッチするだけで簡単に行なえます。ロック解除は約1秒でできるので、すぐにメモを取りたい、という場合でもストレスなく解除できます。登録できる指紋はふたつまで。自分の指紋と、中身を見られても安心な人、信頼できる人の指紋を登録しておけば、指を怪我して解除できなくなった場合でも安心ですね。

カバーの外形はA5判よりひと回り小さいサイズ(縦191mm×横147mm×厚み20mm)。小さめのバッグにも入りやすく、持ち運びに便利です。外出先やカフェの小さなテーブルでも、広げるときに場所を選ばない大きさです。

付属のノートは、ゆったり書ける少し大きめのバイブルサイズ(縦172mm×横105mm×厚み13mm)。無地ノートなので、図やイラストなど、好きなように使えます。また、ノートを全部使い終わってしまっても、市販のリフィルを使えるのもうれしいポイント。ダイアリーや商談メモ、ライフログや将来のプラン設計など、自分に合ったスタイルで使えます。

また、カバー内側の収納も充実。3つのカードホルダー、ポケットひとつ、ペンホルダーが備えてあります。電子マネーやクレジットカード、入館証を入れておけば、外での軽い打ち合わせやカフェに行くときはこれだけでもっていけばOKです。

外側のカバーはステッチがアクセントのファブリック調の表紙。内側も同じファブリック調でまとめられています。落ち着いた大人のデザインで、仕事の場面にもぴったりです。

(文/&GP編集部)

最終更新:3/8(日) 20:00
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事