ここから本文です

保育園名を公表 園児ら152人が濃厚接触 3人に発熱やせきの症状 太田市の新型コロナウイルス感染

3/9(月) 6:04配信

上毛新聞

 群馬県太田市の女性保育士の新型コロナウイルス感染で、県は8日、女性の濃厚接触者が同日現在、親族や勤務先の保育園の職員、園児の計152人に上ることを明らかにした。このうち園児を含む保育園関係の3人に発熱やせきの症状があり、9日にもPCR検査を行う予定。市と園側は8日の共同記者会見で、女性の勤務先を木崎あおぞら保育園(同市新田中江田町)と公表し、9日から22日まで休園すると説明した。

◎女性は集中治療室に 勤め先の園長が記者会見

 県によると、症状の出ている3人の検査結果は9日夕にも判明する。濃厚接触者の内訳は、同居の両親2人、親族3人、保育園の全員となる園児114人と職員33人。女性の陽性が判明した7日から順次連絡を取り、2週間の健康観察を開始するとともに、外出の自粛を求めている。

 女性は現在も重症で、入院先の県内の医療機関で集中治療室(ICU)に入っている。女性に基礎疾患はない。熱っぽさやだるさが出た先月27日ごろに発症したとみられ、それ以前の2週間以内に車で県外に出掛けていたこともあった。これまでに集団感染が明らかになった施設への立ち寄りは確認されておらず、感染経路は8日時点でも特定できていない。

 市と保育園の会見は市役所で開かれ、同園の西牧正行園長はテレビ電話を使って参加した。

 市と保育園によると、女性は3歳児の担任。発熱などの症状のあった先月27日はマスクを着けずに園児21人を受け持ち、マスクを着けて出勤したが体調不良で早退した28日は32人の保育に当たった。2日は一時的に熱が下がったため、マスクを着けて短時間勤務し、園児108人が参加した園内行事を担当した。

 自宅療養に入った3日以降、保育園はメールなどで女性と連絡を取り合い、女性の具合に応じて、医療機関の診察を勧めていた。発症前の行動については、女性から先月22日に東京に行ったと聞いているが、詳細な行動は分かっていない。

 園名の公表について、清水聖義市長は「不安感を与えないために公表した」と説明。西牧園長は「正しい情報を知らせることが園の責務の一つと考えている。不安や心配を少しでも解決して、感染拡大を防ぐために園としても取り組んでいく」と話した。

1/2ページ

最終更新:3/9(月) 6:04
上毛新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事