ここから本文です

生のお米でつくる!おもてなしにも嬉しい生米パンキッシュ

3/10(火) 16:00配信

本がすき。

予約の取れない料理教室で有名な「リト史織先生の生米パン」レッスン。生のお米からパンができちゃうという画期的なレシピでSNSで話題になっています。生米パンの生地を使って、おもてなしの定番「キッシュ」ができてしまうというから驚き! その貴重なレシピを特別に教えてもらいました。
2月20日発売『はじめての生米パン』より特別公開!

じゃがいもとたまねぎの生米パンキッシュ

パイの代わりにクイックブレッドの生地を土台に。豆腐のフィリングに白みそを加えてコクを出します。おもてなしにもぴったりの一品。

<材料>
タルト型(直径22cm・底が取れるタイプ)1台分
A
 ● 米 … 115g(浸水済150g )
 ● 油 … 20g(大さじ1 1/2)
 ● メープルシロップ*1 … 8 g(小さじ1)
 ● レモン汁 … 5 g(小さじ1)
 ● 塩 … 2 g(小さじ1/2弱)
 ● 水 … 70g
 ● ベーキングパウダー … 4 g
 *1:または砂糖5 g +水5 g

[フィリング]
 ● 絹ごし豆腐 … 400g
 ● ココナッツオイル( または好みの油)… 大さじ1
 ● たまねぎ(薄切り) … 中1個分(200g )
 ● じゃがいも(皮をむいて細切り)… 小2個分(200g )
 ● 塩 … 小さじ1 1/2
 ● 粗びき黒こしょう … 適量
 ● 白みそ … 30g
 ● 粒マスタード … 小さじ1/2
 ● タイム(飾り用) … 適量

<フィリングのつくり方>
1
豆腐をペーパータオルでくるんでバットに入れ、その上に皿などをのせて重しにする。冷蔵庫に一晩(8~10時間)入れておき、約300gになるまでしっかり水を切る。

2
フライパンにココナッツオイルを入れて中火で熱し、たまねぎ、じゃがいもをしんなりするまで炒め、塩小さじ1と黒こしょうで味を調えたら火を止め冷ましておく。

3
白みそ、塩小さじ1/2をミキサーに入れてなめらかになるまで混ぜたらボウルに移す。粒マスタードと黒こしょうを入れて混ぜ、2も加えてざっと混ぜる。

【つくり方】
1
軽く洗った米をボウルに入れ、水カップ1程度(分量外)を加えて2時間(冬場は3時間)以上浸す。
*心配な人は冷蔵庫で。2日に一度水を換えれば、冷蔵庫で4~5日は保存可能。夏場は2~3日で使いきって。

2
型にオーブンシートを敷く。オーブンを200℃に予熱する。

3
米をざるにあげ、数回ざるを上下させてしっかりと水けを切る。
*水けが残っていると生地が柔らかくなり過ぎるので注意。また乾きやすいのでミキサーに入れる直前に水けを切る。

4
Aをすべてミキサーに入れ、30秒程度回しては止める動作を3~5回ほどくり返す。途中、ミキサーの壁面に飛び散った生地を、ゴムベラでこそぎ落として全体を均等に攪拌する。ざらつきがなくなり、とろりとなめらかになるまでしっかりと混ぜる。

5
生地をボウルに取り出し、ベーキングパウダーを加えてゴムべらで手早く混ぜる。
* 次の6で型に生地を流し込む際に手早く作業できるように、生地をボウルに移してから混ぜる。ゆっくり行うとふくらみが悪くなる。

6
型に流し入れる。その上に、端を2cmくらい残してフィリングを広げる。
* フィリングののっていない端の生地が、焼くとふくらんで壁のようになる。

1/2ページ

最終更新:3/10(火) 16:00
本がすき。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事