ここから本文です

<いざ令和の春>センバツ鳥取城北 選手紹介/4 松村亮汰投手/河西威飛外野手 /鳥取

3/11(水) 14:04配信

センバツLIVE!

 ◇大型右腕、勝負は直球で 松村亮汰投手(2年)

 2019年秋の中国地区大会は右脇腹のけがで登板機会を得られなかった。最速141キロ、183センチの大型右腕は大舞台での直球勝負を待ち望んでいる。

【動画】センバツ出場校、秋季大会熱闘の軌跡

 湯梨浜町出身。中学では地元チーム・倉吉ボーイズで活躍。甲子園出場の夢のため、県外の高校に進学することも考えたが「鳥取から挑戦したい」と地元の強豪を選んだ。

 治療中もシャドーピッチングを続け、引退した上級生にもフォーム確認をお願いするなどできる範囲で準備を続けてきた。阪上陸投手(2年)とはお互い、いいライバル関係と公言している。

 マウンドを降りれば“いじられキャラ”。松村投手の提案は皆いったん断るのに、同じことを別の選手が提案すると乗っかるのはお約束になっている。

 ◇先輩のグラブ受け継ぎ 河西威飛(いぶき)外野手(2年)

 最も印象に残っている打席は2019年秋の中国地区大会・南陽工(山口)との初戦、1点を追う五回表2死満塁、右中間へ放った逆転の2点二塁打だ。「3番はチャンスで回ってくる打順。追う展開だったが自分の一振りで、チームの流れを変えられた」

 中学時代にU15(15歳以下)日本代表も経験したスラッガー。同年夏の鳥取大会でベンチ入りした元外野手の先輩、戸田壮祐(そうすけ)さんから「お前は内野からコンバートになるかもしれないから」と受け継いだグラブで研さんを続ける。「だんだんと自分の手にもなじんできた」と手入れにも余念がない。

 好物はラムネ。学校の休み時間にかばんから取り出し、一息つくのが日課だ。

最終更新:3/11(水) 14:17
センバツLIVE!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事