ここから本文です

「新型コロナウイルス」の影響でマッサージ店が閉店、予約落ち込みが響く

3/11(水) 15:34配信

東京商工リサーチ

 都内などで女性向けマッサージ店を数店舗経営する企業が、「新型コロナウイルス」による影響から3月10日、1店舗を閉店した。担当者は、「経営難で店舗を閉店する。すべてとは言わないが、90%は新型コロナウイルスの影響だ」と、東京商工リサーチの取材に無念さをにじませながら応じた。
 同社は、中国式整体や足つぼマッサージ、美容エステなどの施術を行うマッサージ店。テレビ番組や雑誌などメディアへの露出も多く、女性を中心に顧客を増やしていた。だが、2020年2月に入り、急激に予約キャンセルが増え、客数が減少したという。担当者は、「(顧客は)はっきりと言わないが、濃厚接触を気にしているようだ」と、仕方ないとも受け取れる言葉を漏らした。そして、「こういう業界はみんなそうだが、今は厳しい。店舗数を減らしてコンパクトな経営を選んだ」と閉店の理由を語った。
 新型コロナウイルスの感染拡大で、これまでのインバウンドを取り込めなくなった旅館や食品製造業者が倒産に追い込まれた。だが、インバウンドの恩恵を受けてきた店や観光業に限らず、インバウンドと縁遠かった店にも新型コロナの余波が押し寄せている。その影響は、規模、業種、地域など関係ない勢いで広がっている。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2020年3月12日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

最終更新:3/11(水) 15:34
東京商工リサーチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事