ここから本文です

芦屋・人気イタリアンの新業態、焼き揚げピッツァ店

3/12(木) 17:00配信

Lmaga.jp

芦屋の高級イタリアン「リストランテ ラッフィナート 芦屋」(兵庫県芦屋市)が3月13日、新業態のピッツァ専門店をオープン。揚げて焼くナポリ伝統の「モンタナーラ」を提供する。

【写真】メニューや店内

芦屋でコーヒーや軽食を楽しめるバール、梅田でジェラート専門店などの人気店を展開する小阪歩武シェフ。「本店で自家製パンなどを作っていることから、小麦を使ったメニューを楽しんでもらえればと思い、まだ日本では珍しい『モンタナーラ』の専門店にしました」と話す。

ナポリでは揚げた生地の上に具材をトッピングするが、同店では半揚げにした生地にトッピングをのせて石窯で焼くスタイルに。そのため小麦の風味がしっかり活かされ、縁の部分がよりカリカリとした食感が楽しめる。

トマトソースとモッツァレラの「マルゲリータ」といった定番のピッツァメニューのほか、本店同様に生産者から直接仕入れた野菜をたっぷりのせた「インサラータ」(共に各1600円、1/4カット450円)、フルーツやクリームチーズのスイーツ系「マチェドニア」(2000円、1/4カット550円)などがラインアップ。いずれもイートイン、テイクアウトできる(料金は全て税別)。

また、今回の白土レンガによる石窯はじっくりと熱を通すため、通常のピッツァ窯では焼けない、焼き野菜や羊などのローストなどのアラカルト料理も提供。「例えば、羊肉を1ブロック焼いて家で食べたいというリクエストがあればお応えします」と芦屋ならではのサービスも。商業施設「モンテメール」3階に位置し、営業は11時~21時半。

最終更新:3/12(木) 17:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事