ここから本文です

「ウイルスばらまく」現実に…“感染男性いた席で化粧”の店員が陽性 直接接触ない2人の動きを検証

3/13(金) 18:17配信

東海テレビ

接客した女性は陰性だったが時間差で同じソファを利用した女性が感染した

 愛知県蒲郡市の男性が感染を知りながらフィリピンパブを訪れ、女性店員にうつしたとみられる問題。

感染拡大が止まらない…新型コロナウイルス関連のニュースまとめ

 その後の店側への取材でこの女性店員が男性を直接接客していなかったことがわかりました。一体どのように感染したとみられるのでしょうか。

<感染男性>
「ウイルスをばらまいてやる」

 こう話しながら蒲郡市の飲食店を相次いで訪れた男性。その言葉が現実に…。

豊田市の担当者(12日):
「患者は30代女性、市内在住の方です。今月4日水曜日、愛知県内で発生した42例目の患者と接触がありました。蒲郡市に確認しましたところ、複数の飲食店のなかの一つと…」

 豊田市によると感染が確認されたのは市内に住む30代の女性。3月4日、勤務先の蒲郡市内のフィリピンパブに、感染したことを知りながら「ウイルスをばらまく」と言って50代男性が来店。

それがきっかけで感染したとみられるといいます。ところが、感染した女性はこの男性の接客はしていなかったといいます。

 店のオーナーの話や防犯カメラをもとに検証します。

 3月4日、50代の男性は自宅を出た後、別の居酒屋を経て午後6時すぎにパブに入りました。

横に座り接客に当たる女性店員。この日、20分ほど男性を接客しましたが、感染したのはこの女性ではありませんでした。

店のオーナー:
「コロナ陽性の男性が(店の)営業前に入ってきました。まだ店が準備中なので、入ってすぐの席に横になっていたと思うんですけど、その横になっていた席にたまたま座っちゃった子(が感染者)ですね。そこで化粧とかしていたっていう話は聞いていますけど。(男性とは)全く接触していない女の子なので…」

 時間をさかのぼります。6時ごろ入店した男性はまず待合のソファーに座ります。ソファーで時折、横になる男性。

数分後、店員に促され男性は席へと向かいます。

 その2分半後、ソファーに座った女性店員。化粧などをしたあとソファーを離れました。実はこの女性店員に感染が確認されたのです。

1/2ページ

最終更新:3/13(金) 20:00
東海テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ