ここから本文です

陸上=セメンヤ、東京五輪では女子200mに転向へ

3/14(土) 12:09配信

ロイター

[ケープタウン 13日 ロイター] - 陸上女子800メートルで五輪2連覇中のキャスター・セメンヤ(29、南アフリカ)は、男性ホルモンのテストステロン値が高い女子選手の出場資格を制限する国際陸連(IAAF)の新規定を避けるため、東京五輪では200メートルに転向するという。

IAAFは400メートルから1マイルの間の種目に関しては、公平性を保つため、性分化疾患の女子選手に対し、テストステロン値を基準値まで下げることを求める新規定を導入している。

セメンヤは13日、声明で「スポーツ界の最高レベルで競争することがこれまでの夢だったし、それは今後も変わらない」とコメント。「自分の目標と夢を追い求めるために、200メートルに転向することを決断した」と述べた。

さらに「これは簡単な決断ではなかったが、いつも通り挑戦を楽しみにしている。東京五輪に出場し、南アフリカのためにベストを尽くせるように努力を続ける」と意欲を示した。

最終更新:3/14(土) 12:09
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事