ここから本文です

佐藤大樹&佐藤流司、文芸部イケメンコンビの場面カットが解禁

3/14(土) 12:00配信

オリコン

 FANTASTICS from EXILE TRIBEの佐藤大樹と女優の橋本環奈が高校生小説家役でW主演を務める映画『小説の神様』(5月22日公開)から、2人が所属する文芸部のイケメンコンビ・佐藤大樹&佐藤流司の場面写真が解禁になった。

【動画】『小説の神様』挿入歌が入ったWEB限定映像

 原作は、『medium 霊媒探偵城塚翡翠』で「このミステリーがすごい!2020年版」「2020本格ミステリ・ベスト10」で第1位を獲得した相沢沙呼氏による小説。佐藤は、ナイーブで売れない高校生小説家・千谷一也。橋本は、クラスの人気者でヒット作を連発するドSの小余綾詩凪を演じる。真逆な2人が、反発しながらも物語を一緒に作る青春ストーリーが描かれる。

 ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズで主演を務め、2.5次元俳優として人気を集める佐藤流司が本作で演じるのは、一也と詩凪が所属する文芸部の部長・久ノ里正樹。一也が小説家であることを知る数少ない友人で、物語のキーマンとして登場する。解禁された場面写真は、一也が音楽を聞きながらどこか遠くを見る表情と、カフェオレを飲みながら優しい表情を見せる正樹の対照的なものになっている。

最終更新:3/15(日) 13:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事