ここから本文です

スタジオアーキタンツ、20周年記念で8月に2作品を連続上演

3/15(日) 14:35配信

ステージナタリー

「スタジオアーキタンツ設立20周年記念事業」が8月6日から9日まで、東京・新宿文化センター 大ホールにて上演される。

【写真】「ラフマニノフ ピアノコンチェルト第3番」より。(c)Yoichi Tsukada(メディアギャラリー他5件)

本企画は、2001年にアーキタンツ東京湾スタジオとしてスタートし、20周年を迎えるスタジオアーキタンツの記念事業公演。スタジオアーキタンツはクラシック・バレエを中心としたクラス運営のほか、劇場公演なども行い、国内外のアーティストとの交流を深めてきた。「スタジオアーキタンツ設立20周年記念事業」では、日替わりで「ARCHITANZ 2020」と「ブライト・ステップ×ATP」が上演される。

総勢70名が出演する「ARCHITANZ 2020」は、1987年初演のウヴェ・ショルツ振付による「ラフマニノフ ピアノコンチェルト第3番」、2009年上演版で新たな“精”を表現したとして話題となった作品を酒井はな、小尻健太らの出演で日本初演する「薔薇の精」、森優貴が振付を手がけ、祝祭感あふれる新作として立ち上げる「ボレロ」、出演者が神となり天下泰平・国土安穏を祈祷する舞を舞う、古典能の祝言曲「翁」の4作品を送る。また、今回で6回目となる「ブライト・ステップ×ATP」は、各国のバレエ団で活躍する若手ダンサーが集うガラ公演。本作では3幕にわたりさまざまな作品が上演されるほか、オーディションで選ばれたジュニアダンサーたちとの合同公演も予定している。

公演は「ブライト・ステップ×ATP」が7月31日に大阪・フェスティバルホール、8月6日に東京・新宿文化センター 大ホールにて、「ARCHITANZ 2020」が8月8・9日に東京・新宿文化センター 大ホールにて上演される。

※初出時、公演演目と日程に間違いがありました。訂正してお詫びいたします。

■ 「アーキタンツ20周年記念公演」
□ アーキタンツ 20周年記念公演「ARCHITANZ 2020」
2020年8月8日(土)・9日(日)
東京都 新宿文化センター 大ホール

「ラフマニノフ ピアノコンチェルト第3番」
振付:ウヴェ・ショルツ
出演:菅井円加、奥村康祐、酒井はな / 近藤美緒、中村春奈、盆子原美奈、金子稔、根岸澄宜、八幡顕光 ほか

「薔薇の精」
振付:マルコ・ゲッケ
出演:酒井はな、小尻健太 ほか

「ボレロ」
振付:森優貴
出演:中川賢 ほか

「翁」
古典能:津村禮次郎
翁:津村禮次郎
千歳:松山隆之
笛:松田弘之
小鼓:古賀裕巳 ほか

□ 「ブライト・ステップ×ATP」
2020年8月6日(木)
東京都 新宿文化センター 大ホール
2020年7月31日(金)
大阪府 フェスティバルホール

Act 1
「ダイアナとアクティオン」よりグラン・パ・ド・ドゥ
出演:高森美結、森本亮介
「海と真珠」よりパ・ド・トロワ
出演:芝本梨花子、升本結花、太田倫功
「ATP 作品」
振付:山本康介
出演:ジュニアタダンサー
「白の組曲」より抜粋
出演:佐々晴香、石田浩明
「ドンキ・ホーテ」第3幕よりグラン・パ・ド・ドゥ
出演:横山瑠華、加藤三希央

Act 2
「コンテンポラリー作品」
出演:石川まどか
「海賊」第2幕よりグラン・パ・ド・ドゥ
出演:寺田翠、倉智太朗、三森健太朗
「コンテンポラリー作品」
出演:西島勇人
「ライモンダ」第3幕よりグラン・パ・ド・ドゥ
出演:菅井円加、大川航矢

Act 3
「眠れる森の美女」第3幕 より
オーロラ姫:奥村彩
デジレ王子:山田翔
リラの精:佐々晴香
フロリナ王女:芝本梨花子(大阪公演)、升本結花(東京公演)
ブルーバード:猿橋賢
ほかジュニアタダンサー

※2020年5月13日追記:新型コロナウイルスの影響で「ブライト・ステップ×ATP」は中止、「ARCHITANZ 2020」は延期になりました。

最終更新:5/13(水) 10:10
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事