ここから本文です

C・ロナウド、ポルトガルに所有するホテルを病院として無償提供!医師らへの給与は自腹で支払う

3/15(日) 9:05配信

GOAL

ユヴェントス所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて行動を起こしたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

報道によれば、C・ロナウドはポルトガル国内に複数所有する自身のホテルCR7を、病院として無償提供することを決断。医師や従業員などの給与は、自らが負担する。

C・ロナウドはこの行動を起こす前、SNSを通じて「僕はサッカー選手としてではなく、1人の息子、父親、全世界に影響を及ぼす最近の出来事に関心を持つものとして、話すよ。僕ら全員がこの状況に対処するために、WHO(世界保健機関)及び管理機関のアドバイスに従うことが重要なんだ。命を守ることは、他の利益よりも優先されなくてはいけない」とのメッセージを発信していた。

※情報更新:3月15日22:00
その後、『マルカ』の報道が誤報である可能性が出ております。当該ホテルは『Goal』の「報道は事実か」との電話取材に対して、ホテル側は「いいえ。特に情報は入っていません」と回答。

最終更新:3/15(日) 22:59
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ