ここから本文です

とーやま校長「寂しいし後悔も」 10年関わったラジオSCHOOL OF LOCK!、退任決めた理由

3/17(火) 7:00配信

withnews

2005年からTOKYO FMをキーステーションにJFN系38局で、平日毎日放送されている、「SCHOOL OF LOCK!」(SOL)の「とーやま校長」が、3月をもって退任します。2010年に着任してから10年間、10代リスナーと向き合ってきた校長が感じてきたこと、そして見えてきた「生徒」たちの姿を、シリーズでお届けします。1回目は、とーやま校長が感じたSOLという不思議な空間、そして「寂しいし後悔もある」と言いつつも10年も務めた校長を退任する理由について聞きました。(聞き手、朝日新聞記者・金澤ひかり)

【画像】中高生に人気のSCHOOL OF LOCK!、生放送の様子は? とにかく熱い、とーやま校長

<SCHOOL OF LOCK!>
2005年からTOKYO FMをキーステーションにJFN系38局で、月~金曜夜10時から放送。番組を「ラジオの中の学校」と位置づけ、パーソナリティーの「とーやま校長」と、「生徒」に見立てたリスナーたちが、電話やネットの番組掲示板を通じて交流。自由に書き込みをすることができる掲示板に登録した生徒は延べ50万人を超え、中高生からの人気を集める。

とーやま校長は2代目。初代はやましげ校長。教頭もいて、やしろ教頭、よしだ教頭、あしざわ教頭が番組を支えた。PerfumeやMrs. GREEN APPLE、サカナクションなども出演し、番組内に授業(コーナー)を持つ。そして、今年4月からは「さかた新校長」、「こもり新教頭」がパーソナリティーとなることが3月5日(木)の放送で発表された。

SOLでは全員が「真ん中」

校長を始めて3~4年目の頃だったと思うんですが、黒板に「全員が教室の真ん中にいる」って趣旨のことを書いたんです。

SOLって、全国で何万人という生徒が聞いてくれている、いわばでっかい教室じゃないですか。
でも、そのメッセージを書いた放送では、生徒全員が、教室の真ん中の席に座っているというイメージを持ったんです。
全員がそれぞれ、「君、真ん中に座っているやつ」っていう感じ。

普通の学校なら窓側でクラスの話題に入れない人もいれば、モテない人もいる。
でも、SOLではそんなのどうでもよくて、全員が真ん中にいる。

1/4ページ

最終更新:3/17(火) 7:14
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ