ここから本文です

きっかけは「NBA」!? ラッパー・サイプレス上野が語る“日本語ラップの魅力”

3/16(月) 17:12配信

TOKYO FM+

「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」は好奇心を刺激する“知識”と、日曜夕方を彩る“音楽”をあわせ持った家族で楽しめる『知識+音楽のハイブリッドプログラム』。毎週ゲストをお迎えして、より音楽が色濃くなって、家族でドライブに行きたくなるような1時間をお届けいたします。

3月15日(日)の放送では、ヒップホップグループ「サイプレス上野とロベルト吉野」のサイプレス上野さんをお迎えして、「日本語ラップの魅力」について伺いました。

◆ラップのために辞書を読んでいた

かなこ:サイプレスさんが、ヒップホップを始めたきっかけは何だったんですか?

サイプレス上野:小6の頃に、バスケットボールのNBAがすごく流行っていたのですが、“後ろでかかっている音楽って何だろう?”って思っていて、それがヒップホップということを地元の先輩に教わって。それから、スケートボードをみんなでやり始めたんだけど、そこでもヒップホップがかかっていて、“こういう文化にヒップホップが合うんだ”ってなってから、ハマっていった。それまではJ-POPを聴いていました。

れに:始まりはそこからだったんですね。

サイプレス上野:だんだんと友達が“俺はもうこれ持っているぜ”みたいな、お小遣いのなかで(レコードを)買って、みんなで聴かせ合っていましたね。

れに:ラップって、駆け抜けるように過ぎていくじゃないですか?

サイプレス上野:駆け抜けるように過ぎていく(笑)。良いですね。

れに:数え切れないくらいのワードが詰め込まれていて、そのなかで韻を踏んだりして……多くの言葉を知っていないと駄目じゃないですか。どうやって勉強したんですか?

サイプレス上野:中1、中2のときって、日本のヒップホップが成熟していない時代だったから、出てくる人たちが新鮮すぎて、“この人、こういうやり方してるんだ”というのを見ていた。だから、中学校のときは勉強のためじゃなくて、“ラップ”のために辞書を読んでいた。

かなこ:ちなみに、それは今でもやっていますか?

サイプレス上野:さすがに今は持ち歩いていないけど、良い言葉があったら“これは使いたいな”とか。ちょっと背伸びをして、難しい本を読んで、普段使わない言葉をマーキングしたり、それをノートに書いて“俺はこんな言葉を知ってるぜ”って。

れに:すごい、じゃあ国語の点数は良かったんですか?

サイプレス上野:いや、そっちの勉強はやってない(笑)。テストに出てこないから(笑)。

かなこ:そっか、出てこないワードをいっぱい使いますもんね(笑)。

1/3ページ

最終更新:3/16(月) 17:12
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ