ここから本文です

サートゥル完勝も 1000m通過63秒6は「考えられないペース」【金鯱賞回顧】

3/16(月) 16:10配信

優馬

競馬専門紙「優馬」佐藤直文のレース回顧

 前半1000m通過が63秒6と、5レースに組まれていた3歳未勝利戦よりも遅く、良馬場の2000mの重賞としてはちょっと考えられないほどのスローペースだった。隊列が決まってから動く馬が全くいなかったためでもあるが、それにしてもここまで遅くなるとは、想定できない展開であったか。

 サートゥルナーリアは、これまでの凡走とセットになっていたイレ込みもなく、このスローな流れでもスムーズに折り合っていた。誰の目にも明らかな能力の違いから、負けるとすれば自滅しか考えられなかったが、これだけリラックスして走ることができたのなら、結果も至極当然。課題と言われていた左回りの舞台を、敢えて復帰戦に選んだ陣営にとっても、最高の結果となったはずであり、改めて現役最強の座へチャレンジする意味でもいいステップになっただろう。

 2着サトノソルタスは、道中3番手の絶好位から、直線を向いて後続を待たずに逃げた馬を交わしに行ったことが、結果的には良かったか。今日のところは流れも味方したとはいえ、馬体にも実が入って本格化していることは間違いない。

 3着ダイワキャグニーは、後ろから突かれることもなく超スローの逃げを打つことができたが、結果的に直線を向いてヨーイドンの瞬発力勝負になっては分が悪かった。もう少しペースを上げて後続にも脚を使わせる形だったなら、2着に残るシーンもあっただろう。

 4着ギベオンは、直線を向いて早目に動いた2着馬とは対照的に、内で進路が見つからずに踏み遅れてしまったのが痛かった。

 5着ラストドラフトは、勝ち馬を前に見る形で運べていたが、4コーナーで勝ち馬がスッと動いたところで反応できなかったもの。最後は脚を使っていたものの、その反応の遅さが今後の課題となりそうだ。

 ニシノデイジーは、届かないポジションだったとはいえ、これまた勝負どころの反応が一息だった。ロードマイウェイは、スタート後の不利で位置取りが悪くなったことが全てではあるが、それにしてもここまで負けたのは、体調面が伴っていなかったと見るべきか。

最終更新:3/16(月) 16:10
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事