ここから本文です

【新型コロナ】厳戒態勢の中、常葉大が卒業式…式典10分、写真撮影や父母の参列禁止

3/16(月) 19:44配信

静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビ

 門出を祝う特別な日も新型コロナの影響を受けています。卒業式の中止が相次ぐ中、常葉大学は規模を大幅に縮小し、静かに卒業生を送り出しました。

入場案内:「おめでとうございます! 入館時マスクをお願いします。持っていない人はお配りします」

 きのう静岡市で行われた常葉大の卒業証書授与式。式典会場への入場時間が書かれた看板の後ろに並ぶのはマスクをつけた卒業生です。新型コロナ感染拡大を防ぐため、入り口で手を消毒してから会場に入ります。卒業生を5つのグループに分けて、会場に入る時間を30分ずつずらし、卒業証書を受け取る部屋も9カ所設ける厳戒態勢です。さらに、保護者の参列や会場内での写真撮影も禁止されました。

根方ゆき乃記者:「ここでは学部ごとに式典が行われています。卒業生は1席ずつ間隔を空けて座っています」

 本来、卒業式は全ての学部合同で、会場には卒業生や保護者ら3500人ほどが集まる予定でした。しかし、今年の卒業生は卒業証書を受け取ると、すぐに会場を出たため例年1時間かかる式典が10分ほどで終了しました。

常葉大学 江藤秀一学長:「これはもう仕方ない。広い会場で密集しない状況を作り出していくことで、最大の努力をしながら一番いい方法で(行う)」

 門出を迎えたのは約1400人。そのほとんどがこの日に合わせ、半年ほど前から晴れ着を予約していたといいます。

卒業生:「すごく心配だった、きょう着られるか」
卒業生:「秋くらいには予約していたので、着れて良かった」
卒業生:「卒業式は短くなってしまったけど、袴を着て、みんなで写真撮れてよかった」

 卒業生はマスク姿で規模も縮小された異例の卒業式。静かな旅立ちとなりましたが、卒業生の表情は晴れやかでした。

卒業生:「式典はなくなったが、卒業式自体なくなった人からすれば、こういう場を設けてもらっただけでもありがたい」

記者:中で写真とりたかった?
保護者:「そうですね、せっかくの機会ですから。でも、学校側も一生懸命やってくれたと思うので、感謝している」

卒業生と両親:「(この日を迎えられて)とてもうれしい。ここまで育ててくれて、ありがとうございます!」
記者: と言っていますが…
母「おめでとうございます」
父「おめでとう、大人になったなあと感無量でございます(笑)」

最終更新:3/16(月) 22:45
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ