ここから本文です

ネット恋愛の思わぬ罠とは?あなたは妄想で恋してない!?

3/16(月) 22:15配信

All About

◆ネット恋愛の罠とは? 気をつけるべき落とし穴

現在は、ネットで出会い、恋愛を始める人が珍しくなくなりました。でも、そこには気を付けておいた方がいい落とし穴もあります。

ネット恋愛で陥りやすい罠とはなんでしょうか?

ネット恋愛に対するハマり具合というのには個人差があり、人によっては実際に会う前から相手に恋をしてしまう人がいたり、さらにエスカレートすると、ネット上だけの交流のまま恋人同士になってしまったりする人までいます。

そういう人の共通点は何かというと、「自分の妄想で恋愛している」ということです。

現実的なことをいってしまうと、ネットだけを通して妄想を膨らませて相手を見ている行為というのは、“相手そのもの”を好きなわけではなく、相手をベースとした“自分が理想とする妄想の人物”を好きになっているだけともいえます。

本当の意味で「人を愛する」というのは、自分にとって良いところだけではなく、悪いところも含めて受け止め、愛することです。相手を自分にとって都合良く思い込んで好きでいるのは、実際は相手のことを好きでも何でもないのです。

だからこそ、現実的に相手と関係を深めたい場合は、妄想を膨らませるよりも、“実物の相手”をきちんと見ることが重要です。

◆メールだけでは、その人の本質は分からない!

現実的には、メールだけでは“その人の本質”は分からないものです。

もちろんメールでも相手の人柄は出てくるものですが、それでもメールでは、都合の悪いことはスルーできたり、良いことばかりを書いて素敵な人を演じられたりすることもできるので、それだけで“本当の相手”を知ろうと思ったら、危険です。

例えば、小説を読んだ後、その小説を原作にしたテレビドラマや映画を見て、がっかりした経験はありませんか?

基本、人は「自分の想像するもの」が、自分にとって最高のものであることが多いもの。

だからこそ、どんどん勝手に相手の人物像を自分の理想的に作り上げてしまうと、実際に会ったときにがっかりしてしまう、なんてこともあるのです。

逆にいっても、相手がメールのやりとりだけで妄想し、恋心を募らせてしまうことは、現実の恋愛の障害になります。会う前から「自分のハードルを上げている」ようなものだからです。

だからこそ、もし相手とリアルに関係を深めていくことを望んでいるのであれば、なるべく早めに「メールだけの関係」から「実際に会う関係」にもっていった方がいいでしょう。

1/3ページ

最終更新:3/16(月) 22:15
All About

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ