ここから本文です

DTM:アウディ、2020年に参戦する6台のRS5 DTMのカラーリングを公開

3/16(月) 23:41配信

オートスポーツweb

 DTMドイツ・ツーリングカー選手権に参戦するアウディは、2020年にワークス体制で参戦する6台のアウディRS5 DTMのカラーリングを発表した。今季はカラーリングのパターンを変更し、それぞれのスポンサーカラーをまとう。

 ライバルのBMWと同様に、DTMに参戦するアウディのワークスカーはすべてが同じカラーリングのパターンを使用しており、スポンサーカラーの色でイメージを変えている。2020年のRS5 DTMのカラーリングはアシンメトリーなデザインで、ルーフに施されたアウディスポーツを象徴する平行四辺形の“ランバス”で模様が繋がっている。

 タイトルディフェンダーのレネ・ラスト車は、ホワイトとレッドの塗り分けでアウディスポーツと、ドイツ最大の家具販売店であるポルタのカラーとなる。一方、マイク・ロッケンフェラー車は、自動車整備機器のスペシャリスト企業のツイン・ブッシュのブルーとイエローに彩られた。

 2019年までロッケンフェラー車をサポートしていたエキゾーストのアクラポビッチのブラックとグレーは、2020年からジェイミー・グリーン車に使用される。ニコ・ミューラー車はカストロール・エッジのグリーンとホワイト、ロビン・フラインス車はアラール・アルティメットのブルーとイエローとなった。

 一方、ロイック・デュバルのRS5 DTMは、2019年に富士スピードウェイで行われたスーパーGT×DTM特別交流戦の際にデュバル車に使用されたイタリアのBMCエアフィルターのスポンサーカラーであるレッドとグレーの色分けに変更された。

 2020年はスーパーGTがクラス1規定となり、DTMにとってはBMWとアウディの戦いに変化するなど、新たな時代となる。アウディモータースポーツ代表のディーター・ガスは「近い将来、アウディは電気自動車とともに、まだ内燃エンジンを搭載した市販車を出すことになるだろう」と語った。

「だからこそ、我々はフォーミュラEと並行して、最新の効率をもつエンジンを備えたレースに参戦する意味があるんだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:3/16(月) 23:41
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ