ここから本文です

【試乗記】ミニ・ジョン・クーパー・ワークス・クラブマンに今尾直樹らが試乗! 「ミニ劇場に心酔する」

3/16(月) 12:00配信

ENGINE WEB

ミニ・ジョン・クーパー・ワークス・クラブマンとは、どんなクルマ?

ミニ・ベースのワゴン。2015年に登場した2代目を機にVWゴルフと同じCセグメント・サイズへとボディを拡大した。さらに、後席用のドアを一般的なヒンジ式に変更。枚数も左右2枚へと増やした。ただし、テール・ドアは先代同様、観音開き式を踏襲している。機能面では新型BMW1シリーズと多くのものを共有している。JCWは2019年秋に追加されたスポーツ・モデルで、306ps/45.9kgmを発生する2.0ℓ直4ターボを搭載。全長×全幅×全高=4275×1800×1470mm、ホイールベース=2670mm。車両重量=1600kg。価格は568万円

【画像】2015年に登場した2代目を機にVWゴルフと同じCセグメント・サイズへとボディを拡大

今尾直樹の意見! ミニ劇場に心酔する 

ゴルフ・クラスにまで成長したミニのクラブマン をミニと呼べるのか。30歳すぎてロリータ服を着ているようなものではないか。と私は内心思っていた。それがビックリ!ドライブ・モードを「スポーツ」に、8段ATをマニュアル・モードにすると、ぶおおおおおおんッと排気音がひときわでっかくなって、ミニ劇場の幕 が開く。イギリス車っぽい野太いサウンドをバック・ミ ュージックに、クルマがみるみる小さくなっていく。16 00kgのボディを45.9kgmもの大トルクがびゅーんと 加速し、レスポンスのいいステアリング、硬めの乗り 心地等々によって、私は魔法にかけられる。オリジナル・ ミニのように、とまでは言えないにしても、オリジナル・ ミニを彷彿させた初代BMWミニのJCWを思い出す。

あの頃に較べたら、乗り心地ははるかに洗練されている。アクセル・オンでオーバー・ステアっぽくなる4WDのハンドリングも、とってもスポーティ。サイズは関係ない。私は私。ミニを名乗る以上、ミニはミニであることを貫き通す。その覚悟があっぱれなほどにスゴい。

金子浩久の意見! ミニの世界観が行き渡る 

ミニJCWクラブマンがスゴいのは、ミニの世界観がクルマの隅々にまで行き渡っていることだ。それは内外装デザインだけにとどまらず、運転感覚だったり、モデル構成や名前などにも及んでいる。60余年前にクラシック・ミニが造られた時、その内外装デザインにはすべて機能的な根拠と意味があった。最小限のリソースで最大限の効果を得るべく、設計者のアレック・イシゴニスは奮闘し、短時間でミニを造り上げた。優れた資質ゆえに40年間基本フォルムと構成を変えず、生き永らえ、偶像となった。その偶像をセルフ・サン プリングしたのがミニである。

JCWクラブマンは568万円する。速さや広さなどの機能的な価値を超越した「ミニであること」が最優先され、立派な"小さな高級車"にまとめ上げられている。その演出の巧みさに魅了され、世界中で販売台数を伸ばしている。クラシック・ミニはベーシック・カーだったが、現在はもはや"小さな高級車"である。ハードウェア開発と同等以上に、ミニの知財をフル活用したBMWのブランド演出力がスゴい。

1/3ページ

最終更新:3/16(月) 17:12
ENGINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ