ここから本文です

新型コロナ感染の田嶋会長がコメント「元気です」「治療に専念」

3/17(火) 19:29配信

サンケイスポーツ

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)が新型コロナウイルス検査で陽性だったことが17日に分かった。田嶋会長は協会を通して「本日、私の検査結果が新型コロナウイルス陽性と出ました。現在の体調は、多少熱があり、検査したところ肺炎の症状もあるそうですが、元気です」「医師の指示に従い治療に専念していきます」などとコメントした。

 同会長は2月下旬から3月上旬にかけ、会議への出席や女子W杯の招致活動、親善試合視察のために英国やオランダ、米国へ渡航していた。検査の結果が出たのはきょう17日の午後、発症日は14日だったということも明らかにした。田嶋会長は「発症日の14日までは、濃厚接触とはならないとのことですが、ここまで知らずに会議でご一緒した方々、JFA 役職員の皆様、メディアの皆様、その他私が立ち寄った各所の皆さまにご心配をおかけする事、本当に申し訳ないと思います。しかし、この疾病と向かい合う事でこの新型コロナウィルスに対する偏見を無くしたりする事に貢献できればと思います。この疾病の様々な研究に協力し、戻ってきます」とコメントをしめくくった。

最終更新:3/17(火) 19:29
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ