ここから本文です

ピンクのごみ収集車に乗る『さくらチーム』関西で唯一!女性だけのごみ収集チーム...会社もシャワールームなど設けて大歓迎

3/17(火) 16:01配信

MBSニュース

兵庫県西宮市にピンク色のごみ収集車があります。これに乗るのは女性だけでごみを収集しているという、その名も『さくらチーム』。男性のイメージがあるお仕事ですが、一体どのようなきっかけで仕事を始めたのか、取材しました。

取材班が訪れたのは兵庫県西宮市の株式会社大栄。ここでは市からの委託でごみ収集業を行っています。出迎えてくれたのは業務課の男性職員・中西時男さんです。

 (取材班)「女性だけでゴミ収集してる方がいると聞いてやってきたのですが。」
(中西さん)「さくらチームのことでしょうかね。」
 (取材班)「チーム名がついている?何人でやっているんですか?」
(中西さん)「女の子3人です。」

女性だけのごみ収集チームは『さくらチーム』という名前がついているそうです。さらにそのチーム専用のごみ収集車もありました。かわいらしいピンク色の車体に、女性でも乗りやすい小さめのサイズ。チーム名の由来にもなった西宮市の花「桜」のマークが施されています。乗っているのはどんな女性達なのでしょうか。

さくらチームの出勤は朝7時。オフィスに伺うと3人の女性が掃除をしていました。さくらチームの寺崎佳奈美さん、寺崎なつみさん、漣優貴さんです。ごみ収集歴は3年、西宮市内の家庭ごみの回収を担当しています。

  (取材班)「お若い印象ですけどおいくつですか?」
(佳奈美さん)「28歳です。」 
(なつみさん)「26歳です。」
  (漣さん)「28歳です。」

20代の女性が3人も入社するのは会社としても初めてのこと。収集業務にあたる職員は総勢50人いますが、その内、女性はさくらチームを含めてたったの4人しかいません。通常、ごみ収集はドライバー1人・収集2人の3人1組で行いますが、3人共が女性というのは関西でも『さくらチームだけ』なんです。

(同僚男性)「最初は男ばかりのところに入ってきて大丈夫かなと思っていたけど、仕事自体は凄く機敏。いつもニコニコ接してくれるので、こっちもテンション上がって、嬉しい思いです。」

同僚も思わずテンションが上がるというさくらチーム。その仕事ぶりに密着させて頂きました。

1/3ページ

最終更新:3/17(火) 16:01
MBSニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ