ここから本文です

【新型コロナ】千葉市長「来月、学校再開」 感染状況踏まえ休校継続も

3/17(火) 11:56配信

千葉日報オンライン

 千葉市の熊谷俊人市長は16日、新型コロナウイルス感染防止のため春休みまで延長した市立学校の一斉休校について、「市内で新たな感染者が見つかっていない現在の状況が続けば、感染予防対策を十分に実施した上で4月には再開できる」との見通しを示した。定例議会閉会後、報道陣の取材に答えた。

 熊谷市長は「(長期休校は)家庭によっては大きな負担」と4月再開に言及しつつ、感染状況が変われば、地域限定の休校や市内一斉休校の延長もあり得るとした。

 市施設の再開に関しては「新型コロナへの対応は長期にわたる。施設の状況を確認し、感染予防と市民生活を両立させて乗り切るしかない」と説明した。

◆公民館20日に再開

 千葉市教委は16日、新型コロナ対策で休館中の公民館を20日に再開すると発表した。災害復旧のため休館中の椎名公民館を除く46館が対象。

最終更新:3/17(火) 11:56
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ