ここから本文です

「08年の金融危機より深刻」 大胆な経済対策に含み=文大統領

3/17(火) 12:01配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は17日の閣議で、「今の状況は2008年の世界金融危機より深刻」として、新型コロナウイルスによる経済への影響を最小限に抑えるため、大統領主宰の非常経済会議を設置し、特段の対策を迅速に決定し強力に対処していく方針を明らかにした。

 今後、韓国政府が打ち出す経済対策がこれまでの予想を上回る水準になるとの見方や、2回目の補正予算や国民に現金を支給する「災難(災害)基本所得」などを巡る議論が加速化するとの見通しも出ている。

 文大統領は「新型コロナウイルスが世界的な大流行に発展し、経済にも深刻な打撃を与え、世界経済が低迷に陥るという懸念が広がっている」と指摘。「日常的な社会活動はもちろん、消費、生産活動までまひしているほか、需要と供給のいずれも急激に委縮しており、実体経済と金融市場が同時に打撃を受ける複合危機の様相」との認識を示した。

 また、「人的交流が途絶え、世界の供給網の根底が揺らぐ恐れがあり、経済的な衝撃はさらに大きく、長期化しかねない。未曾有の非常経済事態と言わざるを得ない」と述べた。

 その上で、「今の状況を厳しく認識し、政府の力を集め経済状況を打開していきたい」として、「非常経済会議は中央災難(災害)安全対策本部とともに、非常局面を突破する両輪となる」として、直ちに非常経済会議を立ち上げるよう指示した。

 政府の経済対策に関しては、「特段の対策を迅速かつ大胆に打ち出すべきだ。例のない非常状況のため、対策も前例のないものにしなければならない」として、「実効性のある案ならあらゆる資源と手段を総動員しなければならない」と強調。「非常対応は特にタイミングが重要のため、大胆に決断し、迅速に執行すべきだ」と述べた。

 不安定さを増す金融・外為市場については、「市場不安に迅速に対応し、企業が資金難で廃業することがないよう、必要な流動性供給が適時に行われる必要がある」として、「優先的な措置を通じ、経済の基盤が崩れ、より事態が悪化することを防ぐため集中しなければならない」と指示した。

Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.

最終更新:3/17(火) 12:01
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ