ここから本文です

クリスタル・パレスがグラウンドを1週間閉鎖へ…シーズンチケット販売も中止

3/17(火) 10:02配信

超WORLDサッカー!

クリスタル・パレスは16日、トレーニング場を閉鎖することを発表した。

中国の武漢を発生源として、現在では世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス(COVID-19)。ヨーロッパでもイタリア、スペインを始め、各国で感染が拡大。ヨーロッパのサッカーは軒並み中止となるなど、大きな影響を与えている。

【動画】グアイタ、ワトフォードのシュートを完全セーブ

イングランドも例外ではなく、アーセナルのミケル・アルテタ監督やチェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイらが感染。各クラブで自宅隔離などの措置を取っている状況だ。

そんな中、クリスタル・パレスのスティーブ・パリッシュ会長が声明を発表。新型コロナウイルス対策をしっかりとすることを勧め、チームも1週間閉鎖することを発表。クラブに関わる人だけでなく、全ての人へのメッセージを送った。

「公共の集まりを避け、社会的距離を多く措置を採用するという新しい政府のアドバイスを踏まえ、私はこの機会を利用してクラブに関係する全ての人に最新情報を伝えたいと思います」

「明らかに、我々の最初の関心事は、サポーター、スタッフ、選手のみんなです。可能な限り安全であることを保証するため、できる限りのことを確実に行うことです」

「みなさんと、他人を守るため、みなさんが取ることができる最善のステップに関する情報をすでに受け取っていると確信しています。このウイルスの拡散とメディカルサービスへの負担を軽減するため、予防的な対策を講じることが非常に重要です」

「政府のアドバイスに可能な限り従うことを、全ての人に勧めます」

「クラブとして、我々は今、本質的なメンテナンスト安全に関係のない全てのスタッフに自宅で仕事をするように求めました。従って、クラブに連絡する必要がある場合は、この措置を取っている間、我慢していただきたいです」

「予防策として、トレーニンググラウンドを1週間閉鎖しました。選手は自宅で、パーソナライズされたトレーニングプランを実施するように伝えられています」

「また、予定通り、次のシーズンに向けたシーズンチケットの販売を開始しないという決定を下しています。状況が明確になった際には、改めて通知します」

「クラブとパレス・フォー・ライフ財団のスタッフも、地域社会に支援を提供できる方法について話し合っています。できる限りの方法で、これを行う準備ができています」

「最後に、皆様の継続的なサポートに感謝したいと思います。特に、クリスタル・パレスが日々運営できることを確約してくれた全てのスタッフに感謝したいと思います」

「クラブとして、国として、そしてグローバルコミュニティとして、我々がどれほど回復力があり、強いのかを知っています。アドバイスに従い、お互いに特に最も危険に晒されている人たちに対応すれば、これを乗り切ることができます」

「みなさまとその家族が今後数週間でベストな状態になることを願い、締めくくります。健康を維持し、安全を保ち、セルハースト・パークに戻ってくる日を楽しみにしています」

超WORLDサッカー!

最終更新:3/17(火) 10:02
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ