ここから本文です

ケンドー・ナガサキさんから生前メッセージ…大日本プロレス25周年大会

3/17(火) 11:36配信

スポーツ報知

 大日本プロレス25周年メモリアル大日本旗揚げ記念日「STARDUST SUPERSTARS」が16日、神奈川・横浜文化体育館で開催された。

【写真】ケンドー・ナガサキさん、亡くなる1週間前の奇跡のレジェンド6ショット

 第1試合前には、1月12日に71歳で亡くなった旗揚げ時のエース、ケンドー・ナガサキ(本名・桜田一男)さんの生前のメッセージが流された。

 「大日本プロレス旗揚げ25周年記念~オープニングマッチ」(15分1本勝負)として25年前の1995年の同日、同会場で行われた旗揚げ戦第1試合と同じカード「谷口裕一VS川畑輝鎮」の試合前にあおり映像で、ナガサキさんが昨年12月12日に谷口から25周年大会の来場オファーを受けているシーンが流された。

 「大日本での思い出?立ち上げる時は大変ですよ。3人からだもんな。俺と谷口と(グレート)小鹿さんと。立ち上げる時は大変でしたよ」

 谷口がこの時のことを振り返り「サプライズゲストって言い方はおかしいですけど、ケンドー・ナガサキさんにも文体に来てほしいということをずっとアプローチしていて、『わかったよ行くよ』っていう言葉を頂いていたので、まさかこんなことになるとは思ってなかったのでびっくりですね。年明けてからも『飯(めし)行くから』って言ったのが最後になちゃったですね。いると思ってるので、どこかで見てると思うので、恥ずかしいことはできないですね」とコメント。

 会場にはナガサキさんの遺影が飾られ、選手がそれぞれ手を合わせていた。この日は、旗揚げ時の社長で現役レスラーのグレート小鹿会長(77)も第2試合の6人タッグマッチに出場した。

報知新聞社

最終更新:3/17(火) 11:50
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ