ここから本文です

東出昌大、唐田えりかとは「あれからお会いしていません」杏に伝えた謝罪の言葉も明かす…会見全文(1)

3/17(火) 17:42配信

スポーツ報知

 ―冒頭あいさつ

 この度はお仕事の皆さまに多大なるご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした。本来このたびの件におきまして、最も謝罪しなければいけないのは、妻に対してだと思っております。妻には直接謝罪の気持ちを伝えて参りたいと思います。

【写真】取材応対中、宙を見つめ答えを探す東出昌大

いろんなお仕事の関係からこのような場を設けることが遅くなりました。今日、カメラの前で私が何か発言することによって、これ以上妻を傷つけたくはありません。ですので、お話しできることに限りはあると思いますが、よろしくお願いします。

 ―杏とは話をしたか?

 はい。

 ―それはいつどんな形で?

 ドラマの撮影が終わってこの数日のうちに。2人で、また共通の友人がいたりしましたが、基本的には2人で。話し合いは今後も続けていくことになると思います。具体的なことはまだ何も決まっておりません。

 ―謝罪だったのか?

 はい。第1回目は。

 ―どんな謝罪?

 大変申し訳ないことをした。裏切ってしまい、申し訳なかったと伝えました。

 ―離婚か復縁かどちらに?

 (10秒考えて)先ほど申し上げたことと重複してしまいますが、今日このカメラの前で私の希望や意志をお伝えし、それが妻がテレビを見てということは必ず傷つけてしまうことになる。今は申し訳ありません。

 ―ということは関係を修復したい?

 申し訳ありませんが、お答えできません。

 ―杏の気持ちは?

 彼女の発言、その時の雰囲気を私が今ここで代弁することはできません。ですが、今後とも話し合いは続いていきます。

 ―東出は杏の言葉をどう受け止めているか?

 本当に申し訳ないことをしたと思っております。

 ―結婚指輪を外したのはいつ?

 普段仕事の時は今まで結婚指輪をつけて取材や舞台あいさつに登壇したことはありませんでした。

 ―報道以降どういう思いで過ごしていたか?

 やはり毎日妻に対して、また子どもに対して申し訳ない気持ちがありました。その中でドラマの撮影を続けさせて頂きましたけど、共演者の方々、またスタッフさんに対しても日々申し訳ないと思いながら。

 ―唐田と杏、どちらが好きか?

 申し訳ありませんが、お相手のことがあって、また私の心の内を今話すことは妻を傷つけることになると思いますので、申し訳ありません。

 ―唐田にはその後謝罪したか?

 謝罪は直接ではありませんが…。あれからお会いしていません。

報知新聞社

最終更新:3/17(火) 18:08
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ