ここから本文です

信号待ちで足がフリーになる! オートホールド機能がコンパクトカーに普及拡大中

3/18(水) 14:10配信

carview!

パーキングブレーキといえば、手で引き上げるサイド式以外にも、左足で操作する足踏み式などがありますが、いまやEPB(電動パーキングブレーキ)が増加中です。

【写真をもっと見る】

コンパクトカーでいえば、フルモデルチェンジした「ホンダ フィット」が全車EPB装備となっていますし、軽自動車の「N-WGN」にも全車装備。そのほか「日産 デイズ/ルークス」など停止まで対応するACC(追従クルーズコントロール)がついている最新モデルではEPBがセットで当たり前のように備わる時代です。

このEPB、単にパーキングブレーキの操作を電動化したというだけではありません。ATトランスミッションのシフトレバーをPレンジに入れると自動的にパーキングブレーキをかけてくれたり、Dレンジに入れて発進しようとするとこれまた自動的にパーキングブレーキを解除してくれたりと、適切な操作をアシストしてくれる便利アイテムという側面もあります。

例えば最近は、信号待ちなどでブレーキペダルから足を離しても停止状態を維持するタイプが増えてきました。この機能については共通の名称が確立しておらず、各メーカーが微妙に異なる機能名で訴求している状態。メディアなどでもあまりニュースにされていないかもしれませんが、信号待ちで足がフリーになるクルマは確実に増えています。

・国産各社の名称
トヨタ:ブレーキホールド
日産:オートブレーキホールド
ホンダ:オートブレーキホールド
SUBARU:オートビークルホールド
マツダ:オートホールド
三菱:ブレーキオートホールド

各社名称の共通点から、ここでは「ホールド機能付きEPB」と呼ぶことにします。

安全上の配慮もあり、ホールド機能についてはエンジンをかけたり、システムを起動したりするたびにセットする必要があるのですが、いったん慣れてしまうとこの機能がついていないクルマに乗っていても、信号待ちで足を離したくなってしまいます。車格によってはホールド機能がないことがストレスに感じてしまうほど。遠からず、クルマ選びの条件としてホールド機能を挙げるドライバーが増えてくるのではないでしょうか。

もし愛車にホールド機能が備わっているのに使わずにいるのなら、ぜひとも試してみてください。最初はブレーキペダルから足を離すのが怖いと思うかもしれませんが、慣れてしまうとその安楽さに虜になってしまうでしょう。発進時にはアクセルペダルを踏み込めば、自動的にブレーキは解除されるのでドライバーの手間が増えるということはありません。

それに信号待ちの停止状態を保持してくれるということは、ブレーキペダルを踏む力が緩んで追突してしまう事故を減らすことも期待できます。

すでに軽自動車やコンパクトカーに標準装備できるくらいのコスト感になっていることから、普及期に入ったといえるホールド機能付きEPB。スポーツカーでも採用例が増えていますから、遠からずパーキングブレーキをドライバーが手や足で操作する時代は終わりを告げるでしょう。

なお、EPBのホールド機能を作動させるにはアイドリングストップ機能をキャンセルする必要があるモデルなどもあるので、利用する前にはしっかりと説明書を読み込んでください。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)

株式会社カービュー

最終更新:3/18(水) 14:10
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ