ここから本文です

現行“ローファイ・ヒップホップ”を特集するコンピが発売 mabanuaからコメントも

3/18(水) 14:05配信

CDジャーナル

 一時代を築いた“ジャジー・ヒップホップ”から、テレビ朝日「関ジャム完全燃SHOW」でも取り上げられた“ローファイ・ヒップホップ”までを網羅したコンピレーション・アルバム『JAZZY TO LO-FI HIPHOP ~Chill Beat Collection』(CD PCD-20421 2,000円 + 税)が3月18日(水)に発売されます。

 往年のジャジー・ヒップホップからは一世を風靡したホーカス・ポーカス、ジャズリベレーターズ、Specificsらはもちろん、A.Y.B.フォース、ブルジュン、トンダ・トリオといった日本人アーティストの楽曲を、現代のローファイ・ヒップホップの耳でも聴ける切り口でセレクト。

 ローファイ・ヒップホップからは、ケロ・ワンとの来日公演やRHYMESTER・宇多丸の聴くカルチャー・プログラムTBSラジオ「アフター6ジャンクション」のライヴ&ダイレクト出演も好評だったニンジョイ、Shing02との共作もある要注目のビートメイカー・Yakkleなど、多数の現行アーティストたちの楽曲を収録。

 アートワークはゲームを中心にCGアニメや映画などで活動しているイラストレーターの田代ほけきょが担当。読書や勉強、リラックス・タイムのBGMにぴったりの一枚となっています。

 また、本作のリリースに際して、mabanua(origami PRODUCTIONS)より推薦コメントが到着。「メインストリームでもなく、持て囃され続けたわけでもなく、ただ十数年色褪せることなく続いてきたこの音楽は2020年の今も自分にインスピレーションを与えてくれます。まずはこのアルバムから」とコメントが寄せられています。

最終更新:3/18(水) 14:05
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事