ここから本文です

【新型コロナ】県内イベント中止で損失は130億円 静岡経済研究所「数字に表れない消費マインド低下も懸念」

3/18(水) 19:19配信

静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビ

 Jリーグを含む県内8つのイベントが新型コロナ感染拡大で、延期や中止となったことによる経済損失は、130億円に上ることがわかりました。
 静岡経済研究所によりますと、延期になったJリーグは今月4日から14日まで、県内4チームのホームゲーム5試合分の影響を2億4000万円と試算しました。中止となったイベントの中で、最も損失が大きいものは今月21日から開催予定だった「伊豆高原桜まつり」で37億円としました。次いで「静岡まつり」の32億円、「静岡ホビーショー」の21億円でした。3月から5月までに予定されていたこれら8つのイベントが中止となったことで、130億円の経済波及効果が失われるということです。
 静岡経済研究所は「地域に根差したイベントの中止は、社会の停滞感や先行きへの不安を高めるため、数字には表れない消費マインドの低下を生む懸念がある」としています。

最終更新:3/18(水) 19:19
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事