ここから本文です

バルサ EUROとコパ・アメリカを延期したUEFAの決定に満足

3/18(水) 19:01配信

SPORT.es

バルサは2021年の夏にEUROとコパ・アメリカを延期するという決定を下したUEFAとConmebol(南米サッカー協会)に非常に満足している。

ロナウジーニョの偽造パスポートの費用が明らかに

このような決断になったこと自体は悔しい結果だが、バルサは常にリーグ戦の全日程消化を目指すことに賛成の立場だったため、バルサのクラブ内はラ・リーガを優先しなければならなかった。

主にスポーツ上の理由、そしてソシオを尊重するためと経済的な理由から無視することのできない決定だ。FCバルセロナは他のクラブと同様にサッカー界の経済状況に目を瞑ることはできない。

アスルグラナは画像の権利やスポンサーなどの多くの予算があり、資金運用の悪影響は少ないが、ミュージアムや小売店舗の閉鎖による損失は非常に大きくなるだろう。

昨日、ジョゼップ・マリア・バルトメウはECA(欧州クラブ協会)の実行委員としてUEFAのビデオ会議に参加した。委員会はそこで全ての大会が今後どうなるかを綿密に監視することで合意。

さらに、クラブと各国のリーグの経済的損失を減らすための解決策を見つけようとした。

SPORT.es

最終更新:3/18(水) 20:03
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事