ここから本文です

J1清水エスパルス非公開の練習試合をインスタで生配信

3/18(水) 20:41配信

静岡朝日テレビ

 Jリーグも影響を受けています。当初、きょうからリーグ戦を再開する予定でしたが、さらに今月末まで中断期間を延長。こうした中、きのう清水エスパルスは、サポーターのためにSNSを活用した新たな取り組みを始めました。

 エスパルスは、16日から、新型コロナウイルスの感染予防のため当面の間、練習を非公開としています。きのうはJ3藤枝MYFCとの練習試合が行われました。練習や試合をみることができないサポーターのために用意されたのが、写真・動画の共有アプリのインスタグラムです。エスパルスは試合の模様を公式インスタグラムで生配信しました。

エスパルス広報部 森谷理部長:「我々の取り組みとしては、ファンを大事にしていこうというスタンスを貫いてきたが、練習の非公開は苦渋の選択。ファン・サポーターへの露出機会の創出したい」

 練習試合は正午からのキックオフにもかかわらず、約6000人が視聴。エスパルスの様子を少しでも見ようとするサポーターの関心の高さが表れました。

 試合は前半に主力選手が出場。キャプテンの金子がパスに飛び出しますが、ここは相手キーパーがキャッチ。その後、金子のクロスに合わせたのはティーラシン。相手ゴールに迫るもののチャンスを決めきれず、ゴールを奪えません。

 一方、今シーズン公式戦2試合で8失点の守備は…。
キーパー、ネト・ヴォルピの活躍もあって無失点。90分で藤枝とスコアレスドロー。格下相手に攻撃面で課題が残りました。

金子翔太:「スコアレスで終わったので、攻撃のアイデア・工夫は物足りなかったかな。この準備期間はエスパルスにとって追い風だと思っているので大事にしていきたい」

 Jリーグは、来月3日からの再開を目指していて、エスパルスはSNSを通じた情報発信を今後も続けていきたいとしています。

森谷部長:「今後、選手やスタッフの協力も得てファンエンゲージメントをいただける施策。SNSを活用した露出は広報としても強化していきたい」

金子翔太:「SNS通じてたくさんの声をいただいている。エスパルスが恋しいとSNSを通じてサポーターに何か楽しいコンテンツを届けられるようインスタライブだったり、何か一ついいものを与えられたら」

最終更新:3/18(水) 22:54
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事