ここから本文です

自己隔離中のクロースがドイツTVにビデオ出演「トイレットペーパーは沢山あるよ」

3/18(水) 15:55配信

超WORLDサッカー!

レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースが、自己隔離中の近況について、冗談を交えつつ報告した。スペイン『アス』が伝えている。

【動画】ドイツのマエストロ!トニクロース、レアルでのベストプレー集

レアル・マドリーは、練習施設などを共有しているバスケットボールチームの選手に新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が出たことを受け、12日に選手たちの隔離処置を決定。選手たちは2週間ほど自己隔離中となっている。

そんな中、クロースが母国ドイツのテレビ番組『レイト・ナイト・ベルリン』にビデオチャットで出演。冗談を交えながら、自己隔離中の近況について語り、家族とともに自宅での隔離を楽しんでいる様子を伝えた。

「僕には3人の子どもがいるので、ご想像通り退屈はしていないよ。子どもたちがいる時は家に居たって全く退屈しないね。どんな風に見えているにせよ、大事なことは僕たちみんな元気ということだ」

「自宅でいくつか新しいヘアースタイルを試してみているんだけど、僕の妻を楽しませるためにやっているんだ」

「あと、自宅にはトイレットペーパーも沢山あるよ」

しかし、17日に延期が決定したユーロ2020の問題について聞かれると、一転深刻なトーンでコメント。今集中すべきことは、大会の開催時期ではなく、この異常事態の終息だと主張した。

「僕たちにとって、トーナメントがいつ開催されるかは全く重要ではない。今の最重要事項は、この見えない敵を取り除き、僕たちの生活が普段通りに戻ることだ」

超WORLDサッカー!

最終更新:3/18(水) 15:55
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事