ここから本文です

スモーリングを巡り“ノースロンドン・ダービー”勃発か

3/18(水) 21:21配信

超WORLDサッカー!

ローマのイングランド代表DFクリス・スモーリング(30)をめぐって“ノースロンドン・ダービー”が勃発するかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。

【動画】ジェイフェス・タンガンガ、モウリーニョとの素晴らしい関係について語る

今シーズン初めにマンチェスター・ユナイテッドからローマに1年間の期限付き移籍で加入したスモーリング。セリエAでパフォーマンスを取り戻したスモーリングには、数多くのクラブが注目している。

レンタル先であるローマも完全移籍に前向きな姿勢を見せているものの、その条件には来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場が必要とのこと。逃した場合は、獲得を狙うプレミアクラブへの移籍が濃厚のようだ。

2022年までユナイテッドとの契約を残すスモーリングだが、現指揮官であるオーレ・グンナー・スールシャール監督の下で未来があるのかは不透明な状態が続いている。

プレミアリーグでは、エバートンやアーセナル、トッテナムらが興味を示しているとのこと。特に、アーセナルとトッテナムはディフェンスラインの安定を図ることを求めており、プレミアリーグで経験のあるスモーリングはうってつけだ。

特にトッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、ユナイテッドでスモーリングを重宝していたこともあり、関心を寄せることは理解できる。

エバートンも、今シーズン途中まで率いたナポリでその活躍を目にしている、カルロ・アンチェロッティ監督が率いており、こちらも興味の度合いは強い。

イタリアでキャリアを復活させたスモーリングは、ローマに残るのか、ユナイテッドに戻るのか、それとも…。

超WORLDサッカー!

最終更新:3/18(水) 21:21
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事