ここから本文です

お部屋の空きスペースにピッタリな家具を見つけてくれるARアプリが開発中 「キッチンの中途半端な隙間が埋まった!」

3/19(木) 9:05配信

ねとらぼ

 「この隙間にピッタリの家具を探したい」というときに便利なスマホアプリが開発中です。AR機能で置き場所のサイズを計測すると、ちょうどいい家具の候補が表示されます。

【画像】オーダーメイドで発注できる機能も……?

 作者の河本健さんは使用イメージを動画で公開しています。

 まずは家具の置き場所をスマホで撮影し、画面上でサイズを指定します。すると家具の候補が表示されるので、気に入ったものを選択。AR機能で実物大の家具が投影され、実際に購入した場合のお部屋の様子を確認できます。これは便利そう。

 現在のところ一般公開は未定。データベースに収録されている家具も、作者の河本さんが個人的に収集したものです。

 河本さんによれば「既存の販売サイトや企業と連携しないとリリースできないと考えているので、どこかと共同でリリースできないか探っている」とのこと。「欲しい!」という声が多数あがれば、協力を得やすくなるとも話しています。

 「すぐにでも使ってみたい!」という方には、前身となったアプリ「ARで見る」がおすすめ。家具の検索はできませんが、3辺の大きさを数値で入力すると、実物大のサイズをAR表示してくれます。

 河本さんはGoogleのエンジニアとして働く傍ら、今回のようなアプリや、ユニークなプロダクトを多数開発。最近では、世界中の祝日を載せた「ずっと祝日カレンダー」を発明しました。1年中ほぼ全ての日がどこかしらの国で祝日という事実に気づいてしまったのだとか。911円(税込)で販売中です。

画像提供:河本健さん

ねとらぼ

最終更新:3/19(木) 9:05
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ