ここから本文です

中谷美紀さんが願う「意志を持ち、自立した女性が疎まれない世の中に」

3/19(木) 12:43配信

ハフポスト日本版

リミとは「真逆」。ときにはファストファッションも

いまの時代、インスタにポストされた、たった1枚の写真がきっかけで昨日とは違う今日を生きることになる━━。

写真家・映画監督の蜷川実花さんによるNetflixのオリジナルシリーズ『FOLLOWERS』は、東京の街を舞台に、強く生きる女性たちの姿を描く。

努力を重ね、華やかな仕事やライフスタイルを手に入れながらもそれぞれの孤独や葛藤を抱える女性たちと、ものすごいスピードで日々進んでいく東京の街で、夢のつかみ方を模索する若者たち。ふたつの世界がSNSによって、交錯する。

中谷美紀さんが演じる主人公・奈良リミは、業界の第一線で活躍する写真家。男性中心だった写真の世界において、「女性だから」という理由だけで賞の受賞を逃すといった経験を乗り越え、実力でいまの地位を築いた女性だ。



金髪のマッシュヘアにドレス姿…、取材場所に現れた中谷さんは『FOLLOWERS』の主人公・奈良リミそのものだった。

しかしながら、実際の中谷さんはリミとは「真逆」なのだと言う。

「リミのようにパーティー三昧の生活を送っているわけではありませんし(笑)、ファッション至上主義でもないんです。もちろん、お仕事柄、上質で美しいお洋服を纏うことは大好きなのですが、一方で、ユニクロやH&Mなどのファストファッションを着たりもします。ただ、ファストファッションについてはエシカルという視点から、考えなければならないのですが…」

リミとの共通点を挙げるとするならば、「美しいものが好きなこと」。

「美しいものを見るために生きているといっても過言ではないといいますか、芸術に触れることが自分自身の原動力になっています。

最近では、英作家ヴァージニア・ウルフの『オルランド』がオペラになってウィーン国立歌劇場で上演されたのですが、衣装をコム・デ・ギャルソンの川久保玲さんが担当されていたんですね。それは本当に素敵でした。

オルランドを演じる女性のメゾソプラノ歌手ケイト・リンゼイの声が本当に美しくて、かつ、エゴがなく役に徹していらして、素晴らしかったです。

その方のようにエゴのない、ただ「その役として、そこに存在している」お芝居を見ると、とても心が癒されるんですね。そして、自分でもこうありたいなと思うんです」

1/2ページ

最終更新:3/19(木) 12:43
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事