ここから本文です

防災ヘリ「とやま」 最新型にパワーアップ/富山

3/19(木) 21:34配信

チューリップテレビ

 水難事故や山岳遭難などの人命救助で活躍する県の防災ヘリコプターがこの春から最新型のものに更新されます。
 19日はその就航式が富山市の県防災センターの格納庫で行われ、石井知事や消防関係者らが安全運航を祈りました。

 24年前から使用している現在の機体の老朽化に伴って更新された県の防災ヘリコプターはイタリアの「レオナルド社」製のモデルでエンジンの最大出力は現在の機体の2倍近くにアップ。
 北アルプスのような3000メートル級の厳しい山岳地帯でも安定飛行が可能だということです。
 また操縦席はデジタル化され、ほかの航空機などが近付くと感知して画面にその位置を表示し運転者に警告するシステムが搭載されたほか要救護者の救助活動を行うスペースも1.6倍に広がりました。
 この機体は、来月1日から実際の救助で使用されます。

チューリップテレビ

最終更新:3/19(木) 21:34
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ