ここから本文です

『老人とD・ルイス』…アーセナル電撃移籍の舞台裏明かす

3/19(木) 18:55配信

超WORLDサッカー!

昨夏、チェルシーからアーセナルへの電撃移籍を果たした元ブラジル代表DFダビド・ルイスが移籍の舞台裏を明かしている。同選手がYouTubeチャンネル『OTRO』で語った。

ダビド・ルイスは昨年8月のプレミアリーグ移籍市場最終日にチェルシーからライバルチームのアーセナルへ電撃移籍。加入直後にはフランク・ランパード監督との“男同士の話し合い”の一部を明かしていたが、今回のインタビューでは細かな背景を改めて明かした。

その中で注目を集めたのは、フットボール以外の部門で働いていたチェルシーのクラブスタッフとの深い絆を感じさせるエピソードだった。ダビド・ルイスはこの電撃移籍を振り返った際、一部のクラブスタッフとの別れが非常に辛かったと正直な胸の内を明かしている。

「正直なところ、移籍直後の3日間、1週間は自分自身の感情に折り合いをつけるのが難しかったよ。誰もが僕のチェルシーでの歴史を知っているからね」

「僕はクラブに関わる全員と繋がりを持っていた。それはとても強い繋がりだったし、彼ら一人一人との繋がりが恋しかった」

「(移籍決定後に)チェルシーのクラブスタッフから受け取ったすべてのテキストメッセージではみんなが『戻ってきて、戻ってきて、戻ってきて、戻ってきて、私たちは君のためにここにいる』と言ってくれていたんだ」

「その中の1人を例に挙げると、75歳のジェントルマンがいたんだ。彼はタイミングがうまく合ったときは、よく僕と一緒に朝食を取っていたんだ」

「そして、彼は『私は君と再び一緒に朝食を取るため、ずっとここで待っているよ』ってテキストメッセージを送ってくれたんだ」

「こういったやり取りは個人的にかなり堪えたよ。僕は心を最も重要なものだと考えている人間だからね」

クラブに関わるすべての人たちを家族の一員として捉えるフレンドリーなブラジル人DFにとって、そういった親しい人たちとの別れは辛いものだったが、現在はアーセナルでの新たな挑戦を楽しんでいるようだ。

「彼らとの別れの後、自分自身にこう語りかけたよ。『君にとって新たな瞬間であり、新たな挑戦だ。それに君はぬるま湯に浸かることを良しとする人間じゃないだろ』ってね」

「僕はこれまでぬるま湯に浸かることを良しとしていなかった。だから、アーセナル移籍は最高の決断だったと思う。ここはビッグクラブだし、このクラブを改善し再び輝かせたいんだ。初日はさすがに難しかったけど、その後は新しい環境に適応できた」

「今はここで幸せを感じているし、アーセナルで大きなことを成し遂げたいと思っているよ」

超WORLDサッカー!

最終更新:3/19(木) 19:08
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ