ここから本文です

延期発表から一転……伝統のF1モナコGP“中止”が正式決定。新型コロナウイルスの感染拡大を受け

3/20(金) 3:27配信

motorsport.com 日本版

 F1モナコGPを主催するモナコ自動車クラブは、世界中で流行が続いている新型コロナウイルスの影響を鑑み、5月21~24日に予定されていた2020年のF1第7戦モナコGPの開催を中止することを正式に発表した。

【ギャラリー】伝統と格式あふれるレース……モナコGP、歴代ウイナーを振り返る

 今年はじめから中国・武漢を発端に流行が始まった新型コロナウイルス。3月に入ってヨーロッパやアメリカなどでも感染者数が増加しており、世界中でスポーツイベントの開催中止や延期が相次いでいる。

 F1も開幕戦オーストラリアGPがフリー走行1回目開始2時間前に中止が決まった他、第2戦バーレーンGP以降も続々と開催延期がアナウンスされていた。

  そんな中、伝統あるモナコGPも開催が危ぶまれており、日本時間の3月19日夜に第5戦オランダGP、第6戦スペインGPとともに“開催延期”が発表された。

 しかし、状況はわずか数時間で一変。日本時間の3月20日深夜にモナコ自動車クラブからプレスリリースが出され、代替えでの開催はせず2020年のモナコGPは“中止”という対応がとられることが明らかとなった。

 モナコ自動車クラブはプレスリリースで「コロナウイルスによる世界的なパンデミックが起きており、今後の状況も全く読めない状況にあり、封鎖措置をとる国も出ている中で、イベントを成功させられる状態にはない」とコメントを発表。代替え開催はせずに中止するという決定を下した。

 ちょうどモナコGPの開催延期がアナウンスされたのと同じタイミングで、モナコ公国のアルベール2世が新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たことが報じられた。この一件も今回の開催中止に影響している可能性はありそうだ。

 またF1モナコGPの2週間前にあたる5月8~10日にモナコ・ヒストリック・グランプリも行なわれる予定だったが、こちらも中止されることが決まった。

 世界三大レースのひとつとして世界的にも有名なF1モナコGP。同地でF1が開催されないのは1954年以来のこととなる。

吉田知弘

最終更新:3/20(金) 9:05
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事