ここから本文です

ヴェルトライゼンデを逆転か 特注2頭は距離延長での臨戦【スプリングS】

3/20(金) 16:08配信

優馬

 皐月賞トライアル最後の一戦、スプリングS。昨年暮れのGIホープフルS2着のヴェルトライゼンデが中心的な存在としてレースを迎えることになりそうだが、伏兵馬の台頭はあるか…。

距離がキーポイント!

 過去10年、1番人気は〔3.4.2.1〕とかなりの安定感。1番人気が予想されるヴェルトライゼンデはホープフルS2着の実績から外せない存在に映るが、今回は中山2000mではなく中山1800m。この微妙な差により、上位に食い込んでくる馬がいるはずである。ここはまず、臨戦過程を整理してみたい。

■前走距離別成績(過去10年、阪神開催の2011年を除く)
1400m以下〔0.0.1.5〕
1600m〔3.4.3.22〕
1800m〔3.3.2.34〕
2000m〔3.2.3.30〕
2200m以上〔0.0.0.5〕

 1800m戦ということで、マイル路線からの臨戦馬にもチャンスのあるレース。今年は出走馬がいないものの、芝1600mのGI・朝日杯FS組は〔2.2.2.4〕と好走率が高い。同様に、芝1600mで1着のあった馬は阪神開催を除く過去10年で〔4.5.5.23〕と、半数近くを占めている。

 芝1600mで1着のあった馬のうち、関西馬〔0.2.1.8〕に対して関東馬が〔4.3.4.15〕。その関東馬のうち、前走が1勝クラス以上でかつ連対していた馬なら〔4.3.4.7〕、連対率38.9%・複勝率61.1%と優秀な成績。アオイクレアトールとサクセッションの2頭を狙ってみたい。

特注馬

アオイクレアトール
サクセッション

最終更新:3/20(金) 16:08
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事