ここから本文です

新型コロナ専門家会議 脇田座長らが会見(全文2)実効再生産数が明確に減少

3/20(金) 11:50配信

THE PAGE

 政府の新型コロナウイルス対策専門家会議の脇田隆字座長(国立感染症研究所 所長)、尾身茂副座長(地域医療機能推進機構 理事長)らは19日夜、同会議の第8回会合後に記者会見を行った。

【動画】新型コロナ対策の効果は? 専門家会議が見解発表 脇田座長らが会見

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「新型コロナ対策の効果は? 専門家会議が見解発表 脇田座長らが会見(2020年3月19日)」に対応しております。

     ◇     ◇

医療機関ごとの役割分担の明確化が必要

尾身:さて、次は医療従事者の皆さまへのお願いです。患者数の爆発的急増、いわゆるオーバーシュートが起こりますと、多くの医療機関が新型コロナウイルス感染症の診療を行うことになります。その際の地域における医療機関ごとの役割分担を明確にする必要があります。

 さて次は、PCR検査についてであります。このPCR検査の主な目的は、新型コロナウイルスに感染した疑いのある肺炎患者への診断・治療を行うこと、それから2番目は濃厚接触者を検査することであります。もちろんPCR検査は優れた検査でありますが、万能ではなく、感染していても陽性と出ない例が一定程度あります。従ってPCR検査のみならず臨床症状も併せて総合的に判断する必要があると思います。

 さて、だんだんと最後に近くなりましたが、皆さん、ご関心があると思いますが、大規模イベント等の取り扱いについてであります。2月26日に政府が要請した全国的な大規模イベント等の自粛の成果については、その効果だけを取り出した蔓延防止に対する定量的な効果測定をできる状況にはないと考えています。従って、専門家会議としては以下のような観点から、引き続き全国的な大規模イベント等については主催者がリスクを判断して、慎重な対応が求められると思います。

大規模イベントで集団感染が起これば全国的感染拡大に

 全国規模の大規模イベント等については4点ございます。まず1点目。ここ大事ですので、全部読みます。1点目、多くの人が一堂に会するという集団感染のリスクが想定され、この結果、地域の医療提供体制に大きな影響を及ぼしかねないこと。これは例としては海外の宗教行事等があります。2番目、イベント会場のみならず、その前後などに付随して人の密集が生じること。例えばこれは、さっぽろ雪まつりの屋外イベントで、3つの条件がたまたま重なってしまったことがあったこと。それから3番目、全国から人が集まることに伴う各地での拡散リスク、およびそれにより感染者が生じた場合のクラスター対策の困難性。これは大阪のライブハウスなんかで見られました。4番目、上記のリスクは屋内・屋外の別、あるいは人数の規模には必ずしもよらないこと。

 こうした4つの観点から、大規模イベントを通して集団感染が起こると全国的な感染拡大につながると懸念されます。このため、地域における感染の実情や必要性に鑑み、主催者がどうしても開催する必要があると判断する際には、以下、1から3などを十分注意して行っていただきたいと思います。しかし、そうしたリスクへの対応が整わない場合は、中止または延期をしていただく必要があると思います。また、仮にこうした対策を行えていた場合でも、こうしたしっかりした対策が行われていた場合でも、その時点での流行状況に合わせて、急な中止または延期をしていただく備えも必要です。

 さて、事業者への皆さまへのお願いですが、これはいつも言っている、テレワークだとかそういうことは何度も申し上げているので少し割愛しますが、1つだけ特に申し上げておきたいのは、事業者の皆さまへのお願いですね、海外出張で帰国した場合には、2週間は職員の健康状態を確認し、体調に変化があった場合には受診の目安を参考に適切な対応を取るよう、職員への周知徹底をお願いいたします。

 長くなりましたが最後に、この状況分析・提言については今後、国際的な状況、新規感染者数の動向、国民や行政に知らせるべき新たな重要な知見等が生じた場合に、政府が緊急事態宣言の発動も含めた必要な対応が迅速かつ果断に取れるよう、適宜、必要に応じて検討を行い見直しをしたいと思っております。以上であります。

1/5ページ

最終更新:3/20(金) 14:07
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事