ここから本文です

新型コロナ専門家会議 脇田座長らが会見(全文4)五輪については議論せず

3/20(金) 13:24配信

THE PAGE

 政府の新型コロナウイルス対策専門家会議の脇田隆字座長(国立感染症研究所 所長)、尾身茂副座長(地域医療機能推進機構 理事長)らは19日夜、同会議の第8回会合後に記者会見を行った。

【動画】新型コロナ対策の効果は? 専門家会議が見解発表 脇田座長らが会見

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「新型コロナ対策の効果は? 専門家会議が見解発表 脇田座長らが会見(2020年3月19日)」に対応しております。

     ◇     ◇

国民はどう受け止めればいいのか

NHK:似た質問になってしまうんですけれども、今まで何度かこうした呼び掛けされてきたかと思います。その中で、3つの条件が同時に重なるのを避けてほしいというお願いも、これまでもしてきたかと思うんですけれども、似た質問になりますが、今までと同じような呼び掛けなのか、それとも今回は全然違う内容の呼び掛けなのか、どういうふうに国民が受け止めて、どういうふうに努めればいいのか、もう一度あらためてお願いします。西浦先生に。

西浦:接触に関しては避けていただくに越したことはないんですけれども、こと大規模イベントの開催に関しては、尾身先生からも少し触れられたとおり、専門家間で意見が分かれました。これ以上、これは駄目ですというお話ばかりをしているばかりでは、皆さんの行動も伴わないし、我慢をすることも限界に近づいている部分も否定できない部分があるということで、一定の開催できるものは開催をすればいいという意見がありましたし、私個人としては、今、大規模イベントを開催してメガクラスターができてしまうと、一瞬にして今までの努力が水泡に帰すと思っています。その意見の隔たりというのは一定の規模があって、その中で、皆さんで合意するプロセスを経て、得られたものというのが今日の提言です。

NHK:最後に1点、図について伺いたいんですけども、6ページ目の図3について伺います。これは都道府県ということで示されているんですけれども、感染源が分からないケース、リンクが追えないケース、これは都市部で増えているというふうに書かれているかと思うんですけれども、この図で見ると東京、大阪、それから準じて兵庫というふうに増えているように読み取れます。もう一度あらためて、そういった読み方でいいのかどうか教えてください。

西浦:この図で見て取っていただけるとおり、リンクが追えてない感染者の方というのは、都市部に多いです。これ以外にも分析を進めているんですけれども、これらの感染者の実数が多いところが大規模流行のリスクの高いところです。なので、もし大規模流行が最初に起こるとすると、こういった大都市圏で最初に起こる可能性が高いと思って、憂慮してデータを見ていると、監視していると、そういう状態です。

脇田:では、前の方。

1/5ページ

最終更新:3/20(金) 14:12
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事