ここから本文です

ユネスコ韓国委が動画公開 明治産業遺産「登録時の約束守られず」

3/20(金) 18:35配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」(23施設)を構成する長崎市の端島(軍艦島)を巡り、ユネスコ韓国委員会は20日、同地で韓国人の強制労役があった事実を明らかにするよう日本政府に促す動画を公開した。

 「Unfulfilled promises(守られなかった約束)」と題された約4分の動画で同委員会は2015年に同施設が世界遺産に登録される際の日本政府の約束が、経過報告書や現場で実施されていないと指摘した。

 登録の際に日本は、朝鮮半島出身者などが意思に反して一部の施設に連れて来られ、厳しい環境で働かされたとしながら、犠牲者を記憶するための情報センター設置などを進めると表明した。

 しかし日本は17年12月に提出した保全に関する報告書で、強制(forced)とは明記せず、日本の産業を支えた(support)多数の朝鮮半島出身者がいたと表現した。さらに、情報センターも長崎県でなく、東京に設置するとした。

Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.

最終更新:3/20(金) 18:35
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事