ここから本文です

<竹内涼真>「テセウスの船」4カ月やり切った“心さん”役「苦しかった」 最終回は「僕自身は好きなラストに」

3/22(日) 12:00配信

MANTANWEB

 「あっという間、という感じではないですね」。4カ月に及ぶ撮影をこう振り返ったのは、連続ドラマ日曜劇場「 テセウスの船」(TBS系、日曜午後9時)で主演を務めた俳優の竹内涼真さん(26)だ。竹内さん演じる主人公・田村心が、タイムスリップした過去で無差別殺人事件の謎を追う姿を描く物語。3月22日の放送でいよいよ最終回を迎える。今作での経験を“宝物”と語る竹内さんに、「がむしゃらにやった」という撮影を通して感じた思いや、父・文吾役の鈴木亮平さんとのエピソード、最終回について直撃した。

【写真特集】なぜ竹内涼真を心役に? ドラマPに直撃!

 ◇精神的にも、肉体的にも「きつかった」

 原作はマンガ誌「モーニング」(講談社)で連載された東元俊哉さんの同名マンガ。主人公の田村心(竹内さん)が31年前にタイムスリップし、父で警察官の佐野文吾(鈴木さん)が逮捕された「音臼小無差別殺人事件」の謎を追う……というストーリー。

 3月19日にクランクアップを迎え、翌日の電波ジャックの合間に取材に応じてくれた竹内さん。昨年11月から撮影がはじまり、今年1月に行われたドラマの会見では、歴史ある「日曜劇場」での初主演ということで、「クランクインの前夜は、眠れなかった。珍しく緊張してしまった」と話していた。ドラマを手がける渡辺良介プロデューサーも、「もうちょっと肩の力を抜いてくれないかなというくらい思い詰める」と竹内さんの様子を明かしていたが、竹内さんは「(撮影は)大変だった」と率直に振り返る。

 「彼(心)がタイムスリップしたり、現実世界で起こっていることは、やっぱりすごく大変なので、そこをどう見ている人に分かってもらえるか。どういうリアクションをしたら、お客さんが物語に引き込まれていくのかということを大切にしなきゃなと思っていた。毎日毎日、集中を切らさずに、“田村心”としてブレずに気持ちを持っていけるかというのが今回の撮影の勝負だった」

 父のため、家族のために必死に動くも、次々と試練が訪れる心。「やっぱり姉ちゃんの言う通りだったのかな……。結局、俺たちはこういう運命なんだよ。もう何しても、どうせ何も変わらないんだよ……」と絶望に打ちひしがれる姿が描かれたこともあった。竹内さんは、「彼が直面している状況って結構つらいので、やっているうちに(自分も)苦しい気持ちになっちゃうんですよね」と振り返る。

1/3ページ

最終更新:3/22(日) 12:00
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事