ここから本文です

これ以上産ませるわけにいかない…強制不妊手術が明るみに 南ア

3/21(土) 10:02配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【3月21日 AFP】15歳の少女の母親であるボンゲキレ・ムシビ(Bongekile Msibi)さん(32)は4年前、2人目の子どもを妊娠できなかったため医師に相談に行った。ムシビさんは医師に、子宮がないので妊娠はできないと言われ、ショックを受け、動揺し、途方に暮れた。

「医師の言っていることが理解できなかった。子どもを産んだ経験があるのになぜなのかと思った」とAFPに語った。

 ムシビさんは、入院したことがある唯一の病院で、アフリカ最大規模の南アフリカ・ヨハネスブルクにあるクリス・ハニ・バラグワナス(Chris Hani Baragwanath)に向かった。

 産婦人科医は平然と、2005年に出産した際に子宮を摘出したとムシビさんに言い放った。

■子どもをこれ以上産ませるわけにはいかない

 ムシビさんは、ハウテン(Gautengg%)とクワズールー・ナタール(Kwa-Zulu Natal%%)両州の15の公立病院で行われた強制不妊手術により人生が破壊された数十人の女性の一人だ。

 南アフリカの男女平等委員会(CGE)は3月初め、強制不妊手術48件を告発する報告書を公表した。被害者の大半はエイズウイルス(HIV)陽性の黒人女性だった。強制不妊手術は02~15年の間に帝王切開で出産した女性を対象に実施されており、その大部分は病院に記録が残されていなかった。

 ムシビさんはHIVに感染していないが、手術が行われた時はまだ17歳だった。16年に病院に戻った時、命を救うためだったと説明されたが、当時、誰もムシビさんに手術のことを知らせなかったという。

 南アフリカの法律では、強制不妊手術は禁じられている。生命の危険があるなど特別な場合においてのみ、同意があれば医師は手術を行うことも可能だとされている。

 CGEの代表タマラ・マテブラ(Tamara Mathebula)氏はAFPに対し、大半のケースで医師が被害者に、あなたはHIV陽性だから、結核だから、子どもが多すぎるから、貧乏だからなどと言って、今後子どもを産ませるわけにはいかないと告げたことが分かっていると説明した。

 報告書によると被害者らは、同意書への署名を拒むと、病院職員に医療行為をしないと脅迫されたと証言している。また「激痛」の最中に、何に同意しているのか分からないまま署名を強要された人もいる。

■「神のようにふるまう」医師

 しかし、ムシビさんには同意書はなく、どのような処置が施されたのかが記載された書類も存在していない。

 ムシビさんはこの3年間、失われた子宮についての答えを求め、保健当局に手紙を書いたり、建物の前で座り込みを行ったりして訴えてきた。しかし、厄介な人物のように扱われただけだった。

 報告書が公表された後、保健省は女性らと面会することに同意した。しかし、女性たちにとって、慰めにはなっていない。

 ムシビさんは他の多くの被害者と同様、強制不妊手術を施されたことが判明してからパートナーと別れた。「彼は子どもを欲しがっていたのに、私は与えることができなかった」と涙ながらに語り、医師らは「神」のようにふるまい、女性から子宮を奪ったのだと批判した。

「彼らはやりたいことは何でもやれる権利があるように思っている」とムシビさんは訴えた。

 映像は3日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:3/23(月) 21:41
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事