ここから本文です

【阪神大賞典】ユーキャンスマイルが抜け出し快勝!重賞3勝目/JRAレース結果

3/22(日) 15:41配信

netkeiba.com

 22日、阪神競馬場で行われた第68回阪神大賞典(4歳上・GII・芝3000m)は、後方追走から徐々に位置を上げた岩田康誠騎手騎乗の2番人気ユーキャンスマイル(牡5、栗東・友道康夫厩舎)が、馬群の間を突いて直線半ばで抜け出し、後方から脚を伸ばした5番人気トーセンカンビーナ(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)に1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分3秒0(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に4番人気メイショウテンゲン(牡4、栗東・池添兼雄厩舎)が入った。なお、1番人気キセキ(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)は7着、3番人気ボスジラ(牡4、美浦・国枝栄厩舎)は8着に終わった。

 勝ったユーキャンスマイルは、父キングカメハメハ、母ムードインディゴ、その父ダンスインザダークという血統。昨年のダイヤモンドS、新潟記念に続く重賞3勝目を飾り、5月3日に京都競馬場行われる天皇賞・春の優先出走権を獲得した。

最終更新:3/22(日) 16:50
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事