ここから本文です

【レシピつき】ブロッコリー、カリフラワー…春だから可愛いつぼみの野菜をスチームサラダに

3/22(日) 17:00配信

婦人公論.jp

うち飯でカンパイ! 和洋中・エスニックの料理に精通するフードジャーナリスト・野澤幸代さんが、とっておきのお酒とメニューを提案。今回は可愛いつぼみの野菜を使ったレシピです(文・イラスト=野澤幸代)

【イラスト】ホットサングリアの作り方も

* * * * * * *

◆春だから可愛いつぼみの野菜を蒸し焼きに

ブロッコリー、カリフラワー、菜の花は花のつぼみと茎を食べる野菜で、花菜(かさい)とも呼ばれます。最近よく見かける赤紫色の紅菜苔(こうさいたい)も、同じアブラナ科の仲間。中でも一番売れているのが、栄養価で注目されているブロッコリーでしょう。かたや、大きすぎたり、白いから栄養が乏しいと誤解されたりで不人気なのがカリフラワー。でも、小さめの品種や奇抜な形のロマネスコが登場して、ちょっと見直されています。

花の季節を待ちわびて、今晩は花菜をおつまみにしましょうか。ブロッコリーとカリフラワーを蒸し焼きにして、ゆでたものとは違うコリコリした歯ごたえを楽しみます。

まだ寒いから、ホットサングリアを飲もうかな。辛口の白ワインならばお手頃価格のもので大丈夫。ホットにするときは、ドライフルーツを使うとコクが出ます。

オレンジやいちじく、マンゴー、クランベリーなど、好きなドライフルーツを2時間以上漬ければ飲み頃に。電子レンジで温めると香りが立ち、フルーツも食べやすくなります。

一度食べればやみつき! おつまみレシピ

ーーーーー

花菜のスチームサラダ
作り方(2人分)

(1) ブロッコリー1/2株、カリフラワー1/4株はひと口大の小房に分け、茎は皮を厚く削って同じサイズに切る。

(2) フライパンにオリーブ油大さじ1、にんにく(みじん切り)1かけ分、アンチョビ(フィレ)1枚を入れて弱火で炒める。

(3) (2)のアンチョビがほぼ溶けたら、(1)を加えてさっと混ぜる。白ワイン大さじ2、水大さじ1をふって蓋をし、弱めの中火で10分ほど蒸し焼きにする。

(4) 黒胡椒を挽いて全体を混ぜ合わせ、レモン汁適量をかける。

※アンチョビの代わりに細切りベーコンを加えてもいい。

ーーーーー

野澤幸代

最終更新:3/22(日) 17:00
婦人公論.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ